[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

チェン「111.17点」の完璧演技 美4回転連発に米称賛「とてつもない」「全てが凄い」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは23日(日本時間24日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、2019年世界選手権覇者のネイサン・チェン(米国)が完璧演技で111.17点をマークし、2位のヴィンセント・ジョウ(米国)に10点以上の大差をつけて首位発進を決めた。4回転連発の圧巻のスケーティングをISUの公式ツイッターが公開。米ファンからは「とてつもない」「全てがスゴイ」などと称賛が起きている。

ネイサン・チェン【写真:AP】
ネイサン・チェン【写真:AP】

2位のジョウに大差をつける首位発進、ISUが動画付きで脚光

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは23日(日本時間24日)、男子ショートプログラム(SP)が行われ、2019年世界選手権覇者のネイサン・チェン(米国)が完璧演技で111.17点をマークし、2位のヴィンセント・ジョウ(米国)に10点以上の大差をつけて首位発進を決めた。4回転連発の圧巻のスケーティングをISUの公式ツイッターが公開。米ファンからは「とてつもない」「全てがスゴイ」などと称賛が起きている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 王者は王者だった。チェンは冒頭の4回転―3回転の連続トウループを美しく決めると、3回転アクセル、後半の4回転フリップとすべてのジャンプで加点を得る完璧な演技。羽生結弦が持つ、SP史上最高得点(111.82点)に迫る高得点を記録した。

 ISUはチェンが披露した高さのある4回転フリップの動画を公開。「2度のISUフィギュアスケート世界チャンピオン、ネイサン・チェンが111.17点でショートプログラムを終えて首位。彼のルーティンで1番気に入ったパートはどこですか?」とフォロワーに問いかける形で投稿すると、米ファンからは称賛が集まっている。

「これはとてつもない! Goネイサン!」
「全て! ネイサン・チェンは凄い」
「衣装を着るみたいなところ」
「ステップシークエンス」
「一連の足使いが好き」

 新型コロナ禍の中でスタートしたGPシリーズ。チェンの強さに変わりはない。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集