[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤航、1対1で相手を圧倒 別格の存在感を地元紙絶賛「チームに安定感与えた」

海外サッカー、ドイツ1部ブンデスリーガ、シュツットガルトは現地時間23日、ケルンと1-1で引き分け。勝ち点1を獲得した。日本代表MF遠藤航はフル出場。再三にわたり相手のチャンスの芽を摘み、攻撃の起点になった。チームに貢献した27歳を複数の地元メディアは絶賛している。

地元メディアからも高い評価の遠藤航【写真:Getty Images】
地元メディアからも高い評価の遠藤航【写真:Getty Images】

好調のチームでフル出場続ける日本代表MFを高評価

 海外サッカー、ドイツ1部ブンデスリーガ、シュツットガルトは現地時間23日、ケルンと1-1で引き分け。勝ち点1を獲得した。日本代表MF遠藤航はフル出場。再三にわたり相手のチャンスの芽を摘み、攻撃の起点になった。チームに貢献した27歳を複数の地元メディアは絶賛している。

【注目】内田篤人が語る久保建英 「DAZN」番組未公開シーン公開「自分の覚悟は欲しい」

 対人戦で圧倒的な強さを発揮。守備だけでなく、ボール奪取からのパスで攻撃の起点にもなった。中盤で安定したプレーを続けている遠藤をドイツ紙が称えている。

 地元紙「シュツットガルター・ナーハリヒテン」は「ケルン戦、エンドウが落ち着きを保つ」の見出しで報じている。

 採点は「3」(6段階で1が最高)をつけ、寸評では「スペースを消し、ボールを奪った。ワタル・エンドウは日に日にボールを散らすことが増えている。それらをさらっとやってみせる。ケルン戦では再三に渡って最終ラインからゲームを展開しなければならなかった」と中盤での存在感を高く評価している。

 また別の地元紙「ヴァイプリンガー・ツァイトゥング」も「カストロとエンドウが力強いパフォーマンス」とこちらも遠藤の名前を見出しに取ってレポート。採点は「2.5」で「いつも通りの落ち着いたパフォーマンス。競り合いにひるむこともなく、中央へクレバーにボールを分配。1対1では71%で勝ち、いつものスタイルでチームに安定感を与えた」と対人戦の強さに拍手を送っている。

 遠藤は移籍2年目の今季、開幕から5試合フル出場。2勝2分け1敗と好調なチームの中でも結果を残し、信頼を勝ち取っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集