[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロ、ネリ戦希望と母国報道 4階級制覇を視野「イノウエもネリも臆病者だ」

ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、次戦に勝利した後、前WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)との試合を希望している。次戦は9月26日にデューク・ミカー(ガーナ)戦を予定。4階級制覇に挑戦する可能性もあり、フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】
ジョンリエル・カシメロ【写真:Getty Images】

カシメロにネリがSNSでチクリ「お前なんてただの丸太」

 ボクシングのWBO世界バンタム級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)が、次戦に勝利した後、前WBC同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)との試合を希望している。次戦は9月26日にデューク・ミカー(ガーナ)戦を予定。4階級制覇に挑戦する可能性もあり、フィリピン地元紙「マニラ・タイムズ」が報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 カシメロがネリをターゲットの一人にしているようだ。同紙は「カシメロ、ミカー戦後はネリとの試合を希望」の見出しで記事を掲載。「ミカー戦でタイトル防衛を果たしたら、その次にルイス・ネリとの試合を希望していると口にしている」と説明している。

 ネリは、カシメロの次戦と同じ26日の興行でWBC世界スーパーバンタム級9位アーロン・アラメダ(同)との同級王座決定戦を予定。ネリが勝った場合、カシメロは4階級制覇を目指して挑戦することを視野に入れているようだ。カシメロは30日に国際電話で同紙の取材に対し、こうに語ったという。

「俺たちは過去にトレーニングで会っているし、インスタグラム上で熱いやり取りもしているからね。ネリは俺のことを『切り倒すことが可能な木のようだ』って言ってたよ。イノウエもネリも臆病者といった感じで俺から逃げているよ」

 記事によると、ネリは自身のインスタグラムでカシメロに対し「お前は何者でもないんだから、誰もお前から逃げやしないさ。誰一人としてビビっていない。お前なんてただの丸太だよ」と表現していたという。これに対してカシメロが強気な言葉を並べたようだ。

 ネリが勝てば2階級制覇。スーパーバンタム級で4つ目の世界王座を視野に入れているというカシメロは「将来的にスーパーバンタム級に階級を上げたいから、ネリは次なるターゲットになる。スーパーバンタム級のベルトは全て取りたいね」とコメント。WBAスーパー&IBF同級王者・井上尚弥(大橋)との3団体統一戦を予定していたが、次戦では実現しなかった。フィリピン人ボクサーはどんなキャリアを選ぶのだろうか。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集