[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「UFC史上最悪のストップ」 物議醸した早過ぎ“38秒TKO”に再脚光「酷い判定」

米最大の総合格闘技「UFC」は29日(日本時間30日)に、米ラスベガスで「UFCファイトナイト」を開催する。ライトヘビー級ではマゴメド・アンカラエフ(ロシア)対イオン・クテラバ(モルドバ)が行われるが、両者は2月に対戦しアンカラエフが38秒KO勝ち。しかしこの試合はレフェリーのストップが早過ぎたのではないかと物議を醸した一戦だった。当時の映像をUFCが公式SNSで公開している。

30日に対戦するマゴメド・アンカラエフ(左)とイオン・クテラバの因縁が再脚光を浴びている【写真:Getty Images】
30日に対戦するマゴメド・アンカラエフ(左)とイオン・クテラバの因縁が再脚光を浴びている【写真:Getty Images】

日本時間30日、物議醸した両者が再戦

 米最大の総合格闘技「UFC」は29日(日本時間30日)に、米ラスベガスで「UFCファイトナイト」を開催する。ライトヘビー級ではマゴメド・アンカラエフ(ロシア)対イオン・クテラバ(モルドバ)が行われるが、両者は2月に対戦しアンカラエフが38秒KO勝ち。しかしこの試合はレフェリーのストップが早過ぎたのではないかと物議を醸した一戦だった。当時の映像をUFCが公式SNSで公開している。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 開始早々だった。エンジのパンツのアンカラエフが一気に攻勢に出た。左のハイキックでクテラバを怯ませると、さらに追撃。左のミドル、左のハイとキックを連続で繰り出していく。

 クリーンヒットは避けるクテラバだったが、顎付近に被弾しわずかにふらついた。しかしここから反撃に出たところで、レフェリーが両者の間に割って入り、ストップを宣告したのだ。

 クテラバが試合続行不可能と判断され、わずか38秒でのアンカラエフのTKO勝利となったが、これにクテラバは納得がいかない様子。ダメージがないことを強調し、レフェリーに食ってかかる。そしてオクタゴンを歩き観衆にアピール。しかし当然、判定が覆ることはなかった。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集