[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳アマ・小倉彩愛が4位浮上 “一時引退”もプロ挑戦を決意「やる気は下がらない」

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と5打差の14位で出たアマチュアの小倉彩愛(岡山操山高卒)が3バーディー、ボギーなしの69で回って通算5アンダー。首位の笹生優花(ICTSI)に3打差の4位で決勝ラウンド進出を決めた。

通算5アンダー、首位と3打差の4位で決勝ラウンド進出を決めた小倉彩愛【写真:Getty Images】
通算5アンダー、首位と3打差の4位で決勝ラウンド進出を決めた小倉彩愛【写真:Getty Images】

ニトリレディス第2日

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位と5打差の14位で出たアマチュアの小倉彩愛(岡山操山高卒)が3バーディー、ボギーなしの69で回って通算5アンダー。首位の笹生優花(ICTSI)に3打差の4位で決勝ラウンド進出を決めた。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 小倉は2番パー4、残り109ヤードの第2打をピン左3メートルに乗せると、スライスラインを沈めてバーディー。4番は7メートルのバーディーパットをねじ込んだ。12番も下り6メートルを入れてバーディー。難コースでボギーなしにまとめ「パッティングがいいです。ピンを狙うショットも結構ある。今日はストレスなくパーオンしてチャンスもありました」と明かした。

 2000年9月生まれの19歳。安田祐香、吉田優利、古江彩佳ら“プラチナ世代”と呼ばれる学年だ。小倉は2017年の国内メジャー・日本女子オープンで3位に入るなど実績はあるが、昨年11月のプロテストで不合格に。腰痛が要因の一つだった。

「ケガが多かったのが一番つらくて、去年の1年間は自分の中で一番ケガをしないようにやってきたのに、プロテストの時にケガをした状態で出た。それで自分に一番イライラしていた」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集