[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐藤琢磨はなぜ勝てたのか 仲間でラーメンをすすった日、チームは1つになった

世界三大自動車レースの一つ、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)で、佐藤琢磨が2017年に続く2度目の優勝を果たした。一夜明けた24日、早朝から殺到する取材対応の合間に電話取材に応じてくれた佐藤は、真っ先にレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの仲間への感謝を語った。「みんなの笑顔を見て本当に勝ったんだなって改めて実感する時間があった。ドライバーがステアリングを握るまでにチームの努力とエネルギーが加わっている。ピットクルーもほんとにすばらしい仕事をしてくれて、ノーミステイクで送り出してくれた。それによって勝利に近づくことができた。チーム全員で勝ち取ったという思いが強い」。言葉に感慨を込めた。そして、「8年かかった」と悲願の制覇であったことを明かした。

インディ500で2度目の優勝を果たした佐藤琢磨【写真:AP】
インディ500で2度目の優勝を果たした佐藤琢磨【写真:AP】

2度目優勝の裏にあったものとは? 「理想の走り」を生んだ仲間との結束

 世界三大自動車レースの一つ、伝統のインディアナポリス500マイル(インディ500)で、佐藤琢磨が2017年に続く2度目の優勝を果たした。一夜明けた24日、早朝から殺到する取材対応の合間に電話取材に応じてくれた佐藤は、真っ先にレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの仲間への感謝を語った。「みんなの笑顔を見て本当に勝ったんだなって改めて実感する時間があった。ドライバーがステアリングを握るまでにチームの努力とエネルギーが加わっている。ピットクルーもほんとにすばらしい仕事をしてくれて、ノーミステイクで送り出してくれた。それによって勝利に近づくことができた。チーム全員で勝ち取ったという思いが強い」。言葉に感慨を込めた。そして、「8年かかった」と悲願の制覇であったことを明かした。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 現チームには2012年にも所属し、この年のインディ500は終盤まで2位につけながらも最終周でスピンしてクラッシュし、惜しくも勝利を逃した苦い記憶があった。25日のオンライン会見では「チームのオーナーがどれだけ楽しみにあの一瞬を待っていたかと考えると、いたたまれない」と当時を振り返った。

 それでも、ボビー・レイホール氏とデイビッド・レターマン氏、マイク・ラニガン氏のオーナー陣は佐藤のチーム復帰を強く望んだ。そんな背景もあって18年に復帰してから3年目で優勝を遂げ、8年前の借りを返せたという思いが溢れた。「3人のオーナーに優勝を捧げることができたことがほんとにうれしかった。17年のときは自分の夢を叶えることができたけど、今回の優勝は全てをチームに捧げたい」。

 23日の決勝は最後まで手に汗握る接戦だった。最後5周は事故のためイエローフラッグが出て、追い抜き禁止の徐行となり、その時点でトップだった佐藤がチェッカーフラッグを受けた。25日のオンライン会見では「理想的な走りを実現させたレースだった。全ては最後のスティント(ピットストップで区切った単位)のために準備された」ことを明かした。

 3番グリッドからスタートした佐藤にとって、今季3勝をマークし、5度のインディカー年間王者に輝いた実績を持つスコット・ディクソン(ニュージーランド、ホンダ)は超えなくてはいけない壁だった。そのディクソンがレースの大半をリードしたが、これは想定内だった。予選で好タイムを連発し、マシンのスピードに自信を持っていた佐藤は「150周過ぎてから勝負」を念頭に置いて序盤は無理にトップに出ようとせず、1スティントを走る度に車のセッティングを微妙に調整しながら、最後の30周余りで最も速いマシンを作り上げる作業を進めていた。

 158周目の直前にディクソンを抜いて一度トップに立つと、自身のマシンの速さを確信。「最後の2スティントは車のセッティングを変えない」という方針通り、残り32周で入った最後のピットストップではすでにマシンの調整は完了していた。残り15周で再びトップに立った佐藤は、直線速度でディクソンを上回るスピードを出した。多くの人には佐藤が「燃料を消費し、飛ばしている。いつか燃料切れになる」ように映った。だが実際は「トップに出た瞬間から燃費重視の薄い燃料マップで走り、ディクソンが追いかけてきたときだけフルパワーを出した。最後の3周にフルパワーで走れるよう燃費を計算して走らせていた」と言う。

 序盤に最速を出せば相手に調整の時間を与えてしまうため「前半ではライバルにそのスピードを見せたくなかった。最後まで爪を隠していた」。終盤まで手の内を明かさない戦略で難敵を振り切った。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集