[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

秋山翔吾の好走塁 巧みなスライディングを米紙称賛「信じられない中継を上回った」

レッズの秋山翔吾外野手は27日(日本時間28日)、敵地で行われたブルワーズとのダブルヘッダー2試合に「1番・中堅」でフル出場した。打撃では2試合でノーヒットに終わったが、好走塁で貢献。相手の完璧な中継プレーを上回る、“好スライディング”を現地メディアが動画で公開。地元紙の称賛を浴びている。

レッズの秋山翔吾【写真:AP】
レッズの秋山翔吾【写真:AP】

打撃ではノーヒットも好走塁で貢献

 レッズの秋山翔吾外野手は27日(日本時間28日)、敵地で行われたブルワーズとのダブルヘッダー2試合に「1番・中堅」でフル出場した。打撃では2試合でノーヒットに終わったが、好走塁で貢献。相手の完璧な中継プレーを上回る、“好スライディング”を現地メディアが動画で公開。地元紙の称賛を浴びている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 秋山が足で魅せた。2点リードの5回1死から四球で出塁。次打者のカステヤノスのセンターオーバーの打球で、二塁から三塁を蹴って一気に本塁を狙った。

 相手の中継プレーも完璧だった。中堅ガルシアから遊撃アルシアへ、そして強肩で知られるアルシアはワンバウンドでストライク送球。アウトに見えるタイミングだ。秋山はわずかに走路をずらして、捕手のタッチから逃れるように左手でホームベースを触った。

 際どいクロスプレー、一度はアウトと判定されたが、秋山が自軍ベンチにアピール。チャレンジで判定がセーフに覆った。貴重な3点目をもぎ取った秋山の見事なスライディングを称えているのは、米地元紙「ザ・シンシナティ・エンクワイアラー」だ。

 試合をレポートした記事の中でこのシーンに言及。「ブルワーズの遊撃手オーランド・アルシアが信じられないような中継をしたが、アキヤマのスライディングはそれを上回った。アキヤマは右打席の角辺りでも体勢を保ち、捕手オマー・ナルバエスの肩へのタッチよりわずかに早く、本塁に左手を伸ばした」と称えている。

 2試合で7打数無安打に終わり、打率は2割を切ってしまった(.195)が、チームは2連勝を飾っている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集