[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

安田祐香、14位浮上で2戦ぶり予選通過 痛恨ダボも巻き返し「目標はトップ10入り」

女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。25位で出た19歳の新人・安田祐香(NEC)は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71で回り、通算2アンダーで14位に浮上。2試合ぶりの予選通過を決めた。ツアー初優勝を飾った笹生優花(ICTSI)が8アンダーで単独首位。

安田祐香【写真:Getty Images】
安田祐香【写真:Getty Images】

ニトリレディス第2日

 女子ゴルフの今季国内ツアー3戦目のニトリレディス第2日が28日、北海道・小樽CC(6695ヤード、パー72)にて無観客で行われた。25位で出た19歳の新人・安田祐香(NEC)は4バーディー、1ボギー、1ダブルボギーの71で回り、通算2アンダーで14位に浮上。2試合ぶりの予選通過を決めた。ツアー初優勝を飾った笹生優花(ICTSI)が8アンダーで単独首位。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 安田は前半2番で痛恨のダブルボギーをたたいたが、8、9番の連続バーディーで巻き返した。後半も11番で1つ落としたものの、13、17番でバーディーを奪って14位に浮上。「2番で嫌な流れだったんですけど、アンダーで回れて良かったと思います」とコメントした。

 実力者の多い2000年度生まれのプラチナ世代。昨年11月のプロテストに合格し、プロデビューとなった開幕戦は28位と健闘した。アマチュア時代に出場したツアーの予選落ちは20試合中1度のみだったが、2週前の前戦は予選落ち。飛距離自慢に有利なコースで苦戦を強いられた。しかし、今大会は難コースで奮闘。「難しいコースなので頭も使いますし、大変だったんですけど(予選通過は)良かったです」と明かした。

 首位と6打差あるものの、まだ36ホールある。昨年は優勝した鈴木愛(セールスフォース)に3打差の4位と大健闘。「(目標は)トップ10以内に入ることです。(去年の4位以上は)うまくいけば入れると思うので、ベストを尽くせるように頑張りたいです」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集