[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

19歳笹生優花が「65」単独首位発進 21世紀生まれの新世代が躍動「自分でもビックリ」

女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72が14日、長野・軽井沢72G北Cにて無観客(6710ヤード、パー72)で開幕した。昨年11月のプロテストに合格した笹生優花(ICTSI)が7バーディー、ボギーなしの65で回って7アンダー。19歳のルーキーがプロ2戦目で2位に2打差の単独首位スタートを決め、同学年の西郷真央(大東建託)も4アンダーの5位と好発進した。

7アンダーで単独首位スタートを決めた笹生優花【写真:Getty Images】
7アンダーで単独首位スタートを決めた笹生優花【写真:Getty Images】

笹生優花が単独首位、西郷真央も5位で2001年生まれが好スタート

 女子ゴルフの今季国内ツアー2戦目・NEC軽井沢72が14日、長野・軽井沢72G北Cにて無観客(6710ヤード、パー72)で開幕した。昨年11月のプロテストに合格した笹生優花(ICTSI)が7バーディー、ボギーなしの65で回って7アンダー。19歳のルーキーがプロ2戦目で2位に2打差の単独首位スタートを決め、同学年の西郷真央(大東建託)も4アンダーの5位と好発進した。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 前半13番でバーディーを奪うと、15、16番でも連続バーディー。勢いのまま後半も2、3、6、8番で伸ばした。ボギーなしの安定したプレーで単独首位発進。「自分でもビックリです。ボギーなしが良かった。ティーショットがそんなに曲がらなかったので、あまりラフに行かずよかった。まだあと2日もあるので明日に向けて練習したい」と振り返った。

 日本人の父とフィリピン人の母を持つ19歳。父の影響で8歳からゴルフを始め、14歳で出場したフィリピンのプロツアーで優勝した。昨年オーガスタ女子アマでは、安田祐香(NEC)とともに3位に。11月のプロテスト合格後から尾崎将司に師事している。

 6月末の開幕戦アース・モンダミンカップでも初日に首位発進。最終日は5位に入った。大会終了後はジャンボ邸に行って成績を報告。「最終ホールのアプローチを見ていたらしく、そこはもったいないと言われたけど『初戦にしてはよく頑張った』と言ってもらえた」と明かした。

 この日は同学年の西郷も4アンダーの5位と好スタート。渋野日向子ら1998年度生まれの黄金世代が多く活躍する国内ツアーだが、安田祐香ら逸材の多い2000年度生まれのプラチナ世代よりもさらに下の学年だ。

 21世紀生まれの新世代。笹生は「楽しんで回ること、冷静になることを気をつけたい。自分のプレーに集中して楽しんでいきたい」と意気込むと、西郷も「課題のティーショット、アイアンショットをクリアして上位で争えたらと思います」と初々しく先を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集