[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

秋山翔吾に「衝撃受けた」 味方投手がフェンス激突キャッチに感謝「二塁打だと…」

米大リーグ・レッズの秋山翔吾外野手は13日(日本時間14日)、パイレーツ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。5回の守備で、後方の打球をフェンスに激突しながらも掴む好守を見せた。見事な好守に、助けられた味方投手は「確かに衝撃を受けたさ」と感謝を口にしているという。

フェンスに激突しながら捕球したレッズの秋山翔吾【写真:AP】
フェンスに激突しながら捕球したレッズの秋山翔吾【写真:AP】

敵将も秋山に称賛「日本でゴールデングラブ賞の理由見せつけられた」

 米大リーグ・レッズの秋山翔吾外野手は13日(日本時間14日)、パイレーツ戦に「1番・左翼」でスタメン出場。5回の守備で、後方の打球をフェンスに激突しながらも掴む好守を見せた。見事な好守に、助けられた味方投手は「確かに衝撃を受けたさ」と感謝を口にしているという。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 スーパーキャッチを見せた。6点を追う5回2死一、二塁。左翼後方への打球に、秋山は好反応。フェンス間際でジャンプ一番、左手のグラブで飛球を掴んだ。全身を壁に打ち付け、ウォーニングトラックに倒れるも球は離さなかった。駆け寄ってきた中堅手はMLB1年目の日本人を称えるように肩を叩いた。

 抜ければ得点差がさらに拡大する場面で飛び出した好守。ピンチを作って降板していたコディ・リードは秋山への感謝を話しているようだ。MLB公式は「ショウゴが左翼でアンビリーバボーな守備を披露した」と見出しを打って記事を掲載。リードの言葉をこう紹介している。

「本当の話だが、打たれた瞬間、俺は二塁打だと思った。なぜなら打球音が凄く良かったからだ。でも次の瞬間、見上げてみるとアキヤマが壁に直撃しながら捕球していた。俺は手を頭の上に突き上げたさ。確かに衝撃を受けたさ」

 また、敵将のデレク・シェルトン監督は「フレージャーが放った打球は、左翼手の素晴らしいプレーでアウトになった。なぜ彼が日本でゴールデングラブ賞を獲得したのか、その理由を見せつけられた」とコメントしていると紹介している。日本でゴールデングラブ賞を6度受賞している秋山。その守備で、MLBにインパクトを与えたようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集