[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ダルビッシュが113年ぶり快挙演出 カブス開幕16戦13勝は「最高の滑り出し」

米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、ブルワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回1死まで相手打線を無安打に封じるなど、7回1安打1失点、11奪三振の好投で3勝目をマークした。米メディアは、ダルビッシュの快投によりチームが快挙を達成したと報道。開幕16戦13勝は「1907年以来最高の滑り出し」と、チームにとって113年ぶりの開幕ダッシュであることを伝えている。

7回1失点11奪三振の好投で3勝目をあげたカブスのダルビッシュ有【写真:AP】
7回1失点11奪三振の好投で3勝目をあげたカブスのダルビッシュ有【写真:AP】

ブルワーズ戦の勝利でカブスは1907年以来となる開幕16戦13勝

 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、ブルワーズ戦に今季4度目の先発登板。7回1死まで相手打線を無安打に封じるなど、7回1安打1失点、11奪三振の好投で3勝目をマークした。米メディアは、ダルビッシュの快投によりチームが快挙を達成したと報道。開幕16戦13勝は「1907年以来最高の滑り出し」と、チームにとって113年ぶりの開幕ダッシュであることを伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 圧巻の投球だった。初回、ダルビッシュは先頭のソガードから内角速球で三振を奪うとエンジン全開。最速97.9マイル(約157.6キロ)の直球と、キレのある変化球で7回まで毎回奪三振をマーク。7回1死で5番スモークに右越えソロを浴びるまで無安打投球。7回を104球で投げ終え、四死球は3つ、11奪三振とねじ伏せた。

 米放送局「NBCスポーツ」は「ダルビッシュはシーズンハイの投球」と見出しを打って記事を掲載。「もしジャスティン・スモークに投じたあのカットボールがなければ、彼はヒットを1本も許していなかった。しかし、それでも彼は支配的だった」とダルビッシュの投球を称賛するとともに、次のように伝えている。

「(カブスの)現在の13勝3敗という成績は1907年以来最高の開幕16試合の滑り出しである。この時も開幕16試合で13勝を挙げた」

 また、地元紙「シカゴ・サンタイムズ」のゴードン・ウィッテンミヤー記者も、自身のツイッターに「MLB最高勝率のカブスは4対2でブルワーズを倒し、成績を13勝3敗に伸ばした。これは1907年以来チームとしては最高のスタートとなった」とつづっている。

 ダルビッシュは今季初戦こそ黒星が付いたものの、これで3戦連続のQSを達成。防御率1.88と安定した投球を続け、チームの快進撃に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集