[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ドジャース―アストロズで一触即発 報復投球からの舌出し挑発で2017年の因縁再び

28日(日本時間29日)の米大リーグ、アストロズ―ドジャースの一戦で一触即発の事態が起きた。2017年のワールドシリーズでの因縁を抱える両チーム、ドジャース右腕がアストロズ打者に対して2度にわたる報復投球。そして打者を打ち取った際には舌を出すようにして挑発し、あわや乱闘かというシーンに発展。実際の一部始終を現地メディアが動画付きで公開。「まるで狙っているかのような投球」「驚きの光景だった」と表現している。

ドジャース・ケリー(左)のアストロズに対する報復投球が波紋を呼んでいる【写真:AP】
ドジャース・ケリー(左)のアストロズに対する報復投球が波紋を呼んでいる【写真:AP】

2017年の因縁くすぶる両チーム、ドジャース右腕ケリーが報復投球を連発

 28日(日本時間29日)の米大リーグ、アストロズ―ドジャースの一戦で一触即発の事態が起きた。2017年のワールドシリーズでの因縁を抱える両チーム、ドジャース右腕がアストロズ打者に対して2度にわたる報復投球。そして打者を打ち取った際には舌を出すようにして挑発し、あわや乱闘かというシーンに発展。実際の一部始終を現地メディアが動画付きで公開。「まるで狙っているかのような投球」「驚きの光景だった」と表現している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 因縁の両チームの対戦で、やはり事件が起きた。6回、ドジャースの4番手右腕・ケリーは1死からブレグマンと対戦。カウント3ボールからの4球目だ。96マイル(約154キロ)のファストボールがすっぽ抜け、頭部をかすめるようにして背中を通りとんでもない方向へ。きな臭いムードが漂い始めたが、これだけでは終わらない。

 今度は2死一、二塁の場面でコレアに対しての初球だ。ケリーが投じた87マイル(約140キロ)が再び顔面を襲う。間一髪尻餅をつくようにして避けるコレアは憮然とした表情に。そして最後はケリーが空振りの三振に打ち取るのだが、ベンチに戻る際にコレアとアストロズベンチに向かって何かをつぶやきながら、舌を出して挑発したのだ。

 これに堪忍袋の緒が切れたアストロズサイド。両チームが三塁側ベンチ前に集まる事態に。乱闘にまでは発展しなかったが、一触即発状態だった。

 アストロズは昨オフ、2017年に組織的なサイン盗みを行っていたことが発覚。ドジャースは同年のワールドシリーズで3勝4敗で敗れており、くすぶっていた当時の因縁に火が付いた格好だ。

1 2 3 4
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集