[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「世界王者を全て貪ってしまった」 リング誌が「異名通り」とPFP3位を評価

ボクシング界では新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行延期が続く中、米専門誌「ザ・リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)の寸評を発表。3位につけているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)について「世界王者を全て貪ってしまった」と再評価している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

相次ぐ興行延期、リング誌がPFP寸評を掲載「ここでもう一度議論しよう」

 ボクシング界では新型コロナウイルス感染拡大の影響で興行延期が続く中、米専門誌「ザ・リング」はパウンド・フォー・パウンド(PFP)の寸評を発表。3位につけているWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)について「世界王者を全て貪ってしまった」と再評価している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 PFPとは全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したもの。新型コロナの感染拡大で世界的に興行の中止や延期を余儀なくされているが、最も権威のある同誌は「ボクシングがないからここでもう一度議論しよう」と記事を掲載している。評議会メンバーが議論し、各選手の寸評を発表した。

 1位はカネロこと4階級制覇王者サウル・アルバレス(メキシコ)、2位は世界3団体ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)、3位に「Naoya Inoue」が選ばれたリング誌のPFP。井上の寸評はこう記されている。

「強打を誇る日本のモンスターは異名通りの活躍を見せてきた。彼の前に立ちはだかる108、115、118ポンドの世界王者を全て貪ってしまった。前回対戦で、イノウエはリング誌で年間最高試合に選出されたWBSS決勝でノニト・ドネアを下し、名勝負で勝利を収めた」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集