[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面特別編】井上尚弥の父を突き飛ばし ロドリゲス陣営暴挙に海外辛辣「愚かだ」「最悪のミス」

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回は昨年5月にボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝に登場した井上尚弥(大橋)の陣営を巡る戦前の騒動だ。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―井上尚弥父が突き飛ばされたシーン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ほとんどのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向けて、THE ANSWERでは過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレイバックする。今回は昨年5月にボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝に登場した井上尚弥(大橋)の陣営を巡る戦前の騒動だ。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 対戦相手のIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)の公開練習を視察したトレーナーの父・真吾氏が相手陣営に阻止され、WBSSが決定的瞬間を動画付きで公開。海外ファンから「愚かだ」「最悪のミス」などと辛辣な声が殺到した。

 大きな注目を浴びたグラスゴー決戦。その戦前に起きたまさかのシーンを紹介したのは、WBSSだった。公式ツイッターで「ザ・プッシュ:ウィリアム・クルーズがイノウエの父でトレーナーを公開練習で押しのける」というメッセージとともに、ロドリゲスのトレーナー、クルーズ氏の振る舞いの一部始終を動画付きで公開した。

 真吾氏がシャドーボクシングするロドリゲスを撮影していると、クルーズ氏が歩み寄った。スタッフの制止を跳ねのけながら、額を押し付けるかというほど接近して威圧行為に出ると、あろうことか真吾氏を左手で突き飛ばし、突然の出来事に真吾氏はもちろん、周囲の関係者も驚いた表情だ。動画を見た海外ファンはコメント欄で次々と反応した。

「この愚か者がモンスターを目覚めさせてしまった」「不運なことに、土曜日にボコボコにされるのは(ロドリゲスの方で)彼じゃないんだな」「彼の息子が土曜日、胸を張らせてくれますよ」「イノウエが今すぐこの男を破壊してくれることを祈る」「最悪のミスだ。ロドリゲスはとんでもない代償を払うことになるだろう」「これでイノウエが彼を眠りにつかせることを願う」「これはとんでもないミスだ」などとロドリゲス陣営に対する批判が相次いだ。

 当時の報道で、クルーズ氏は「報道陣が自分の仕事をすることに何の問題もない。イノウエ陣営は我々のトレーニングを見ながら、撮影していた。だから、自分の役割をしたまでだ。彼らの前に立って撮影をやめさせたんだ。そういうことだ」と自らの正当性を主張していた。しかし、試合はハイレベルな技術戦の末、2回に3度のダウンを奪った井上が勝利を収めた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集