[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ヘビー級無敗の遅咲き新鋭が大の字に “番狂わせの右”に米衝撃「なんてショットだ!」

ボクシングのWBA世界ヘビー級挑戦者決定戦が7日(日本時間8日)、米ニューヨークのバークレイズ・センターで行われ、WBA7位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)が主要4団体で世界ランク入りしているプロスペクト、アダム・コウナッキー(ポーランド)に4回1分8秒TKO勝ちし、番狂わせを演じた。ヘビー級らしい迫力ある衝撃ダウンの瞬間を、米メディアが「なんてショットだ!」とインスタグラムに動画を公開すると、ファンから「これだからヘビー級は楽しいんだ」「強烈なパンチを見舞った」と反響の声が集まっている。

ロバート・ヘレニウスが世界ランカー相手に番狂わせを演じた【写真:Getty Images】
ロバート・ヘレニウスが世界ランカー相手に番狂わせを演じた【写真:Getty Images】

WBA世界ヘビー級挑戦者決定戦、20戦全勝選手がまさかの大の字ダウン

 ボクシングのWBA世界ヘビー級挑戦者決定戦が7日(日本時間8日)、米ニューヨークのバークレイズ・センターで行われ、WBA7位ロバート・ヘレニウス(フィンランド)が主要4団体で世界ランク入りしているプロスペクト、アダム・コウナッキー(ポーランド)に4回1分8秒TKO勝ちし、番狂わせを演じた。ヘビー級らしい迫力ある衝撃ダウンの瞬間を、米メディアが「なんてショットだ!」とインスタグラムに動画を公開すると、ファンから「これだからヘビー級は楽しいんだ」「強烈なパンチを見舞った」と反響の声が集まっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 大男が大の字で倒れた。決着は4回。コーナーに追い詰められたヘレニウスだったが、激しいパンチの応酬の末に左をヒットさせた。コウナッキーは膝をつく。ダウンに見えたが、判定はスリップとなった。すぐに立ち上がって再開したが、今度はヘレニウスが右ストレート、左フックをお見舞いした。相手は両手を広げて背中から大の字となってリングに倒れ込む。なんとか立ち上がったが、グロッキーな状態だった。

 最終的にはレフェリーストップで試合終了。29勝(18KO)3敗のヘレニウスがWBA4位、IBF3位、WBO3位、WBC6位で20戦全勝(15KO)のコウナッキーをぶっ倒した。30歳のポーランド人は次世代の王者候補として注目を集めていた。動画を公開した「FOXスポーツPBC」は「なんてショットだ! ロバート・ヘレニウスが第4ラウンドでアダム・コウナッキーをマットに沈める」と投稿。コメント欄にはファンの興奮した様子の声が相次いでいる。

「明らかなKOが2度あったね」
「レフェリーはスリップと言っていたが、違う、KOだ」
「ロビーが帰ってきた!」
「ロバートは強烈なパンチを見舞ったね」
「童顔アダムは過信していたんだ。頭をしっかりガードしてなかった」
「これだからヘビー級を見るのはいつだって楽しいんだ」

 WBA世界ヘビー級にはスーパー王座にアンソニー・ジョシュア(英国)、正規王座にマヌエル・チャー(ドイツ)が君臨。猛者揃いの階級はいつもファンを熱狂させてくれる。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集