[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳ユ・ヨン、待望の銀メダルに韓国紙も喝采「キム・ヨナ以来の貴重なメダル獲得」

フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のユ・ヨンが149.68点、合計223.23点をマークし、2位に入った。韓国勢では11年ぶりの表彰台という快挙に対し、地元の韓国メディアも「キム・ヨナが優勝して以来、11年ぶりの貴重な銀メダル」と祝福している。

ユ・ヨン【写真:AP】
ユ・ヨン【写真:AP】

韓国勢11年ぶりのメダル獲得、地元メディア「素晴らしいメダルを獲得した」

 フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位のユ・ヨンが149.68点、合計223.23点をマークし、2位に入った。韓国勢では11年ぶりの表彰台という快挙に対し、地元の韓国メディアも「キム・ヨナが優勝して以来、11年ぶりの貴重な銀メダル」と祝福している。

【PR】20校中14校で採用 新春の駅伝で大流行していたボディメンテ ゼリーって?

 韓国紙「朝鮮日報」は「フィギュア ユ・ヨンが4大陸大会準優勝、ヨナ以来11年ぶりの貴重なメダル」と見出しを打って特集。記事では「キム・ヨナの引退以降、韓国フィギュアの看板となったユ・ヨンが素晴らしいメダルを獲得した。ヨナ以来11年ぶり、4大陸選手権大会で韓国選手歴代2人目となるメダルを手中に収めた」と紹介している。

 記事では、優勝した紀平梨花(関大KFSC)に9.11点届かなかったとしながらも、演技内容を評価した。「冒頭のジャンプで3回転アクセルを成功させ、GOE2.67点を獲得。大きな拍手が沸き起こった」と武器の3回転アクセル以降の構成を記述。最後の2回転アクセルまで安定した演技をしたことを伝えた。

 他に地元勢ではキム・イェリムが自己ベストの202.76点で6位、イム・ウンスが200.59点で8位に入ったことも紹介したが、「キム・ヨナの後継者」として注目される15歳の期待は大きい。表彰セレモニーのウィニングランではカーペットに気づかず、転んでしまうハプニングで話題となったが、22年の北京五輪に向けては視界良好だ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集