[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪で引退の野口啓代が準優勝 後輩ら惜しむ「誰もが彼女を目指して頑張ってる」

スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップは9日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝、決勝が行われた。東京五輪内定の野口啓代(あきよ・TEAM au)は現役最後のジャパンカップで2位となった。

最後のジャパンカップで準優勝した野口啓代【写真:宮内宏哉】
最後のジャパンカップで準優勝した野口啓代【写真:宮内宏哉】

東京五輪新種目・スポーツクライミング、ボルダリングの日本一決定戦

 スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップは9日、東京・駒沢屋内球技場で準決勝、決勝が行われた。東京五輪内定の野口啓代(あきよ・TEAM au)は現役最後のジャパンカップで2位となった。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 12度目の優勝を目指した今大会。順当に決勝に進んだ野口は、観客の声援に手を振って登場した。複数のコースを完登できた数で争うボルダリング。4つの課題中3つの課題を完登し、その3つは全て2回以内のトライ数でクリアした。最後は大歓声にはにかみながら、両手を上げてファンに感謝を伝えた。

 ボルダリングは完登数が同じ場合、壁の途中に設定された「ゾーン」の通過数で順位を決めるため、ゾーン通過数で上回った伊藤ふたば(TEAM au)に優勝を譲ったが、堂々の準優勝。「久々の大会だったんですけど、集中して1トライ目に臨めたり、いい部分もたくさんあった。大会が終わったばかりで今は悔しいが、8月のオリンピックに向けて収穫もたくさんあった」と自身のパフォーマンスに納得した様子だった。

 スポーツクライミングは、東京五輪から新種目に。野口はこの五輪を最後に現役引退すると表明している。ジャパンカップには第1回大会から15大会連続で出場。9連覇を含む11度の優勝を記録している、まさにレジェンドだ。「若い子が頑張ったり成績が伸びている分、自分も成長しないといけないと思ったり、自分も頑張ろうと思いますね」。今回は決勝進出者6人のうち、10代が4人。後輩たちの成長も刺激になっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集