[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

楢崎智亜「頑張って野菜飲む」 今季初戦は3位通過、好調の秘訣は朝晩の“一杯”

スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップは8日、東京・駒沢屋内球技場で開幕し、東京五輪代表で金メダル候補の楢崎智亜(ともあ・TEAM au)は3位で予選を通過した。男子は61人、女子は47人が出場し、上位20人が準決勝に進出。昨年8月の世界選手権を制した23歳が、今季初戦で大会初優勝を目指す。

予選を3位通過した楢崎智亜【写真:宮内宏哉】
予選を3位通過した楢崎智亜【写真:宮内宏哉】

東京五輪新種目・スポーツクライミング、ボルダリングの日本一決定戦

 スポーツクライミングのボルダリングジャパンカップは8日、東京・駒沢屋内球技場で開幕し、東京五輪代表で金メダル候補の楢崎智亜(ともあ・TEAM au)は3位で予選を通過した。男子は61人、女子は47人が出場し、上位20人が準決勝に進出。昨年8月の世界選手権を制した23歳が、今季初戦で大会初優勝を目指す。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 貫録の登りで5つの壁を全完登した。ボルダリングは複数のコースを完登できた数で争う。第1課題、楢崎は1トライ目で完登する「一撃」を悠々と決めた。第2課題は4トライ目、第3課題は5トライ目で完登。第4課題で一撃を決めたが、第5課題は3トライを要した。それでも最上部のホールドを掴むと、世界王者の背中に場内から歓声が注がれた。

 完登数、壁の途中に設定された「ゾーン」の通過数、完登に要したトライ数、ゾーン獲得に要したトライ数の順で順位が決まる。楢崎は全完登したが、トライ数で下回り3位通過。「感覚は悪くない。今日でだいぶ(体の感覚が)高まってきた。明日の方がいいと思う」と今季初戦で好感触だ。

 鋼の肉体を作り上げているが、これまで以上にストイックに体作りに励む。取り組んだのは苦手な野菜の克服。世界選手権前に野菜や果物を「低温低圧圧縮方式」という製法で搾る「コールドプレスジュース」の機械をゲット。従来のミキサーなどではできない、栄養素を失うことなく作られたジュースだ。

 昨年の世界選手権前から「野菜を頑張って飲んでいます」と話す。朝と夜、ほうれん草などを入れて栄養満点の一杯をゴクリ。「調子が良くなっている。ちょっと面倒くさいですけどね」と笑いながらも好調をキープしている。

 9日は準決勝と決勝が行われる。世界王者だが、意外にもこの大会で優勝はない。「緊張もなく楽しくできている。体の調子をもっと上げていこうと思う」。初めて五輪の実施種目に採用されたスポーツクライミング。五輪初代王者に向け、2020年初戦から日本のエースが飛ばしていく。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集