[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、4回転回避も連覇達成 貫禄の232.34点、ミス出ても後半怒涛の追い上げ

フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。

紀平梨花【写真:AP】
紀平梨花【写真:AP】

4大陸選手権女子フリー

 フィギュアスケートの4大陸選手権は8日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の紀平梨花(関大KFSC)が151.16点、合計232.34点をマークし、男女通じて初の大会連覇を達成した。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 深いグリーンの衣装に身を包んで登場した紀平。注目された冒頭は4回転ではなく、3回転サルコーを綺麗に決めた。しかし、続く3回転アクセルが抜けるミス。以降は3回転ルッツを決めて盛り返すと、3回転アクセル―2回転トウループは成功させた。さらに3回転フリップ―3回転トウループ―2回転トウループなど後半は怒涛のリカバリーを見せ、滑り終えると、小さく一つ頷いた。

 得点はフリーも1位となる151.16点で男女通じて初の連覇を達成した。2位は合計223.23点をマークした地元の15歳ユ・ヨン(韓国)、3位は222.97点を記録したブレイディ・テネル(米国)が入った。

 樋口新葉(明大)は207.46点で4位、坂本花織(シスメックス)は202.79点で5位だった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集