[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥を再三挑発 カシメロの“上から目線”を大橋会長歓迎「むしろ盛り上がる」

ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞と最高試合賞の2冠に輝いた。4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定。カシメロは海外メディアを通じて再三の挑発を繰り返しているが、井上陣営の大橋秀行会長は歓迎した。

体調不良の井上に代わり、年間表彰式に出席した大橋秀行会長【写真:石渡史暁】
体調不良の井上に代わり、年間表彰式に出席した大橋秀行会長【写真:石渡史暁】

カシメロの挑発に大橋会長は歓迎

 ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が2年連続3度目の最優秀選手賞と最高試合賞の2冠に輝いた。4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定。カシメロは海外メディアを通じて再三の挑発を繰り返しているが、井上陣営の大橋秀行会長は歓迎した。

【特集】【PR】自称「ヘビーユーザー」 Jリーグ得点王にDAZN(ダゾーン)が欠かせないワケ

 井上はKO賞を獲得した昨年に続き2冠となったが、表彰式は発熱による体調不良で欠席した。代わりに大橋会長が取材に応じ「2年連続で受賞できて嬉しいです」と喜びのコメント。昨年11月のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で5階級王者ノニト・ドネア(フィリピン)に判定勝ちした激闘が年間最高試合(世界戦)に選出された。

 海外メディアでは、カシメロは「オレが井上をKOすることは保証されている」「オレがリアルモンスターだ」「モンスターキラーだ! 世界を震撼させたい」などと再三の挑発を繰り返している。母国で開いた会見でも井上の等身大パネルの肩に腕をかけるなど、強気の態度を見せていた。

 これに対し、大橋会長は「それくらい言ってくれた方がむしろ盛り上がる」と歓迎。モンスターの大爆発を期待している。井上は表彰式を発熱で欠席したが、インフルエンザではないようで「筋肉疲労からくる発熱とのことです。大丈夫です」と強調した大橋会長。来週から予定通り、フィリピンから呼んだパートナーとスパーリングを開始することを明かした。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集