[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

13歳の超新星ワリエワが“シニア並”78.50点で首位発進…ロシアジュニア選手権女子SP

フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権が6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳のカミラ・ワリエワが78.50点で首位に立った。

カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】
カミラ・ワリエワ【写真:Getty Images】

北京五輪候補として注目のワリエワが圧巻の演技

 フィギュアスケートのロシア・ジュニア選手権が6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)が行われ、12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制した13歳のカミラ・ワリエワが78.50点で首位に立った。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 ロシアからは雨後の筍のごとく、新たな才能が生まれてくる。まだ少女のようなあどけなさを残す13歳が圧巻の演技を披露した。冒頭の3回転ループ、2回転アクセルを高い完成度で成功させると、後半のルッツ―トウループの連続3回転ではGOE(出来栄え点)で「2.36点」を記録。完璧な演技で78.50点というシニア並の得点をたたき出した。

 ロシアメディアではすでに「北京五輪候補」として期待を集めている13歳。アリーナ・ザギトワや、昨年大会で表彰台を独占したアレクサンドラ・トルソワ、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワらと同じく、エテリ・トゥトベリーゼ氏に師事し将来を嘱望されている。

 すでに200点超えの高得点を何度も記録しているワリエワ。フリーでは4回転を跳ぶ予定で、どこまでスコアを伸ばすか楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集