[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は過去10年でも最強級 米選出”2010年代PFP”で堂々の10傑入り

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。世界中のボクシングファンを魅了するモンスターの次戦に国内外が注目する中、海外メディアは“2010年代トップ20”に井上を選出している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米ボクシング専門メディア選定“2010年代トップ20”で9位タイに

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行う。世界中のボクシングファンを魅了するモンスターの次戦に国内外が注目する中、海外メディアは“2010年代トップ20”に井上を選出している。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 そうそうたる顔ぶれの中でも、全く違和感がない。井上を“2010年代トップ20”に選出したのは、米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。記事では「2010年代のランキング『10年間のトップ20』」と銘打ち、過去10年間で優れたボクサー上位20人を選出している。

 選出方法は、まず米専門誌「ザ・リング」の格付けと、2012年以降のトランスナショナル・ボクシング・ランキング委員会(TBRB)の格付けおよび過去10年間にわたる17階級での戦いのデータを利用。両方の順位をもとに、ポイントを集計した際の順位を掲載しているようだ。1位に元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)、2位に6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)などそうそうたる名前が挙がる中、井上は16位にランクインしている。

 ここに名前が挙がるだけでもすごいといえるが、「ボクシングシーン.com」は続けて「この20人を相手として戦った結果を考慮し、再度ランキング化するとどうなるか?」という基準で、20人の順位を再考している。結果、井上は順位を上げ、元4階級制覇王者マイキー・ガルシア(米国)、元WBAスーパー・IBF・WBO世界ヘビー級王者ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)とともに9位タイに位置付けられた。

 米リング誌が全17階級のボクサーの実力を格付けした最新の「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」では3位にランクされるなど、各所で評価の高いモンスター。4月のカシメロとの統一戦に勝利すれば、さらに名を上げることになるだろう。

なお、ランクインした20名は以下の通り。

1位 フロイド・メイウェザー(米国)
2位 ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)
3位タイ テレンス・クロフォード(米国)、アンドレ・ウォード(米国)
5位 マニー・パッキャオ(フィリピン)
6位 サウル・アルバレス(メキシコ)
7位 ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)
8位 セルヒオ・マルチネス(アルゼンチン)
9位タイ 井上尚弥、マイキー・ガルシア(米国)、ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)
12位タイ ノニト・ドネア(フィリピン)、セルゲイ・コバレフ(ロシア)
14位 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)
15位 ギジェルモ・リゴンドー(キューバ)
16位タイ ティモシー・ブラッドリー(米国)、フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)
18位 アブネル・マレス(メキシコ)
19位 オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
20位 エロール・スペンスJr(米国)

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集