[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

田中恒成、次はノンタイトル戦希望 井岡一翔と対戦指令も「すぐにしたいわけじゃ…」

ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、前WBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)は優秀選手賞となった。WBOはスーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)との対戦を指令。田中にとって4階級制覇がかかる試合となるが「2020年のうちにどういう形でもいいので4階級制覇をしたい」と意気込んだ。

年間表彰式に出席した田中恒成【写真:石渡史暁】
年間表彰式に出席した田中恒成【写真:石渡史暁】

井岡一翔戦は実現するのか、4階級制覇へ田中恒成「ノンタイトルをやってから」

 ボクシングの2019年度年間表彰式が7日、都内で行われ、前WBO世界フライ級王者・田中恒成(畑中)は優秀選手賞となった。WBOはスーパーフライ級王者・井岡一翔(Reason大貴)との対戦を指令。田中にとって4階級制覇がかかる試合となるが「2020年のうちにどういう形でもいいので4階級制覇をしたい」と意気込んだ。

【PR】アスリートをクールにサポート アディダスの新トレーニングウェア「HEAT. RDY」がスゴイ

 田中はWBOの規則によりスーパー王座に認定されたため、上下の階級の指名挑戦権を得た。現状では1つ上の階級にいる王者・井岡に挑戦できるが「すぐにやりたいとか、焦っているわけではない。しっかり準備をしてやりたい」とコメント。「団体を問わず挑戦したい。僕の言う『準備』というのは、ノンタイトルをやってからということ。すぐに挑戦したいとか焦りはない」とした。

 1月31日に3度防衛したフライ級王座を返上。井岡以外にも他団体王者への挑戦を見据えながら、次戦は階級を上げて1試合を行い、状態を見てから世界挑戦をしたい意向だ。

 通常では、WBOの指名試合の期限は9か月。井岡は大晦日の初防衛戦で指名試合をクリアしている。この日は井岡が表彰式を欠席し、田中は対面しなかった。「年間3試合できたことが自分としては一番嬉しい。昨年はいいパフォーマンスができたのでそれを続けたい」と2019年を振り返り、「スーパーフライ級は長い時間やりたいなと思っています。新しい体作りをするつもりはない。技術的なことが一番ですね」と成長を誓った。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集