[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、カシメロ戦は「3団体統一戦」と承認 日本ボクシング界初の歴史的試合に

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初となる。

カシメロ戦を発表し、会見に出席した井上尚弥【写真:小倉元司】
カシメロ戦を発表し、会見に出席した井上尚弥【写真:小倉元司】

統一戦実現の難しさとは、井上目標は「4団体統一を目指す」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日、都内で会見し、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスのマンダレイ・ベイ・リゾート&カジノでWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と3団体統一戦を行うことを正式発表した。3団体統一戦に臨むのは日本人初となる。

【PR】2020年の目標はインカレ総合2連覇 中央大学自転車競技部が選んだ“パートナー”とは

 日本人の過去の複数団体統一王者は、WBA&WBCミニマム級の井岡一翔、WBO&IBF同級の高山勝成、WBAスーパー&IBFライトフライ級の田口良一の3人だった。井岡と高山は防衛戦を行う前に一方の王座を返上。田口は統一王者として防衛戦に臨んだが、ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)に敗れて2つのベルトを奪われた。昨年5月にエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)からIBF王座を奪取した井上は、日本人4人目の複数団体統一王者となった。

 ボクシング界には主要4団体が存在する。過去の歴史で統一王者の数が少ないのは、各団体から王者同士の対決が統一戦として承認が下りないことが理由の一つでもある。

 王者になれば、各団体からランキング上位選手との指名試合を義務付けられるため、保持するタイトルが多いほど対戦義務が増える。井上もIBFから同級1位マイケル・ダスマリナス(フィリピン)との対戦指令を受けていた。指令に応じなければ、通例ならIBF王座返上を迫られるが、ビッグマッチとなる統一戦ならIBFから指名試合先送りの許可をもらえることもある。今回の井上はWBO王者との統一戦というビッグマッチのため、IBFから認められた形となった。

 井上の目標は、バンタム級で4団体全てのベルトを統一すること。この日の会見では「この試合は3団体統一に凄く意味がある。バンタム級で4団体統一を目指す上で欠かせない試合。まずはラスベガスでの試合を危なげなくクリアして次に進めたい」と見据えた。これまでのボクシング史に4団体統一を果たしたのは、スーパーライト級のテレンス・クロフォード、ミドル級のバーナード・ホプキンスとジャーメイン・テイラー(いずれも米国)、クルーザー級のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)の4人しかいない。

 バンタム級の残るWBC王座は、王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)と井上に敗れたノニト・ドネア(フィリピン)が対戦予定。井上はこの試合の勝者との対戦に照準を合わせることになる。数々の日本記録を打ち立て、もはや日本の枠に収まらないモンスター。快挙に向けてひた走る。

(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集