[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カシメロプロモーター「WBOこそがリアルベルトだ」 井上尚弥戦へ言いたい放題

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでの対戦が濃厚となっている。正式決定前から再三の挑発を繰り返しているカシメロ本人と陣営。プロモーターは「カシメロこそが“リアルモンスターだ”」と息巻いている。

プロモーターのショーン・ギボンズ氏【写真:Getty Images】
プロモーターのショーン・ギボンズ氏【写真:Getty Images】

正式決定前から“絶口調”のギボンズ氏「カシメロこそがリアルモンスター」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)と、4月25日(日本時間26日)に米ラスベガスでの対戦が濃厚となっている。正式決定前から再三の挑発を繰り返しているカシメロ本人と陣営。プロモーターは「カシメロこそが“リアルモンスターだ”」と息巻いている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 3か月後に予定されている、王者同士の激突へ。フィリピンの3階級王者は本番を待ちきれないようだ。WBOの黒のベルトを抱えたカシメロと、プロモーターのショーン・ギボンズ氏がWBOの公式インスタグラムに並んで登場。ギボンズ氏はまくし立てるように、井上戦への意気込みを口にしている。

「彼こそがWBOバンタム級王者のカシメロだ。チャンピオンはこれからトレーニングキャンプに行く。ありがとう、WBO。彼こそが“リアルモンスター”だ」と井上の異名を奪い、カシメロにリアルモンスターと命名。さらに「IBFなんて忘れちまえ。WBAがなんだ。WBOこそがリアルベルトなんだ」と言いたい放題だった。

 カシメロ自身も母国メディアに対して「オレが本物のモンスターだ」「テテの方がタフな相手だ」などと好き勝手に挑発していたが、ギボンズ氏もこれに追随したような格好だ。

 2016年には現4階級王者の井岡一翔を破ったアムナット・ルエンロン(タイ)からIBF世界フライ級のベルトを奪った経験もあるが、フィリピンメディアでも井上の圧倒的有利が予想される中で、カシメロ陣営はどこまでも威勢が良かった。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集