[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ネリ、“チーム・カネロ”入りの狙いとは? 米メディアが指摘する3つの理由

ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。そのトレーナー変更の目的として3つの理由を米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

ルイス・ネリ【写真:Getty Images】
ルイス・ネリ【写真:Getty Images】

ローチ氏からレイノソ氏にトレーナー変更、その狙いとは?

 ボクシングの元WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)は6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)のチーフトレーナーを務めるフレディ・ローチ氏から離れ、4階級制覇王者のカネロこと、サウル・アルバレス(メキシコ)を指導するトレーナー、エディ・レイノソ氏に師事することになった。そのトレーナー変更の目的として3つの理由を米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 度重なる体重超過やドーピング違反でボクシングファンから大ブーイングを浴びるネリ。今週から米・カリフォルニアを拠点とする“カネロ軍団”の一員として出直しを図ることが明らかになった。

 ネリは昨年11月の元IBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBC王座への指名挑戦者決定戦に挑む際に、名伯楽ローチ氏に師事。だが、ロドリゲス戦の前日計量で規定を1ポンド(450グラム)オーバーし、試合は中止となっていた。結局ローチトレーナーとタッグを組んだ後は1試合も行っていない。

 レイノソ氏はカネロ、元WBO世界フェザー級王者オスカル・バルデス(メキシコ)、WBCライト級シルバー王者のライアン・ガルシア(米国)を指導しており、ネリはカリフォルニアでこの3人とともに練習に励むことになると報じられているが、今回のトレーナー変更には3つの理由があると、同局は見ている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集