[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校の部活で挫折したバスケ選手 環境に違和感、転校を決断し切り開いたプロへの道

昨年12月、大学バスケの象徴的大会であるインカレを制し、創立以来初の大学日本一に輝いた白鴎大学。誰もが認める全国屈指の強豪で高校バスケのスターが集う東海大学を撃破して掴んだ栄冠は、バスケットボール界で大きな話題を呼んだ。

特別指定選手としてBリーグ19試合に出場した京都ハンナリーズの小室昂大【写真:京都ハンナリーズ】
特別指定選手としてBリーグ19試合に出場した京都ハンナリーズの小室昂大【写真:京都ハンナリーズ】

Bリーグ京都ハンナリーズの小室昂大、環境面で悩んだ高校時代に転校を経験

 昨年12月、大学バスケの象徴的大会であるインカレを制し、創立以来初の大学日本一に輝いた白鴎大学。誰もが認める全国屈指の強豪で高校バスケのスターが集う東海大学を撃破して掴んだ栄冠は、バスケットボール界で大きな話題を呼んだ。

 白鴎大学のSF(スモールフォワード)として日本一に貢献した小室昂大は、インカレ終了から間もなく特別指定選手としてBリーグの京都ハンナリーズに加入。19試合に出場し、2022-23シーズンの契約継続が発表された。小室はプロチームとの契約を「B1のチームに入れるなんて奇跡に近い」と語ったが、なぜそのような言葉で表現したのか。それは大好きなバスケットボールが嫌いになり、挫折した高校時代があったからだ。(取材・文=笠川 真一朗)

 ◇ ◇ ◇

 栃木県大田原市に生まれた小室は、バスケ一家の家庭で育った。姉の敦美は現在、高校女子バスケの強豪、アレセイア湘南高で指揮を執っている。小室は小学校低学年の頃からリンク栃木ブレックス(現・宇都宮ブレックス)のスクールでバスケットボールの基礎や楽しさを学び、競技人生をスタートさせた。中学では「全国で戦いたい」と栃木県内の強豪・宇都宮市立雀宮中学校へ進学。母と2人で宇都宮市内に引っ越し、バスケのために実家を離れた。

 熱心な家族の協力と期待に応えたくて、競技に取り組む。将来はプロ選手として活躍することが夢だった。全国大会に出ることはできなかったが、「関東大会に出たり、それなりの成績を残せたので、いろんな強豪校から推薦の話が来ていました」と、その実力は認められる存在だった。

 数ある誘いの中から、創立されて間もない新潟県の開志国際高校に進学を決めた。入学すれば、この学校の2期生にあたる。実績のある強豪校ではなく、まだ歴史の浅い学校に進学を決めた理由は、バスケ部の総監督が富樫勇樹(千葉ジェッツ)の父、富樫英樹氏が務めていることが大きな要因だった。富樫総監督は新潟県新発田市立本丸中学校を率いて2回の全国大会優勝、U-16日本代表のヘッドコーチ(HC)としてアジア3位入賞を果たすなど、バスケ界を牽引する日本屈指の名将だ。そんな名将の下、小室は大きな志と希望を抱いて新潟での高校生活をスタートさせた。

1 2 3 4 5 6 7

笠川 真一朗

1994年生まれ、奈良県出身。龍谷大平安高の野球部マネージャーとして2011年夏の甲子園に出場。立正大学でも野球部マネージャーを務めた。卒業後は百貨店勤務からお笑い芸人の道に進んだ異色のキャリアの持ち主。現在はスポーツライターとして活動し、野球を中心に取材の幅を広げている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集