[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元Jリーガーで現役トレーナー、2つの視点で語るプロで成功する秘訣とは

柔道整復師など多くの資格を持ち、現在は接骨院の院長として働いている元Jリーガー飯田紘孝さんが、プロの世界で成功するための秘訣を「トレーナー」と「プロサッカー選手」という2つの視点で語ってくれた。

20160401_iida

自らもJでプレー、元選手&トレーナーの視点

 柔道整復師など多くの資格を持ち、現在は接骨院の院長として働いている元Jリーガー飯田紘孝さんが、プロの世界で成功するための秘訣を「トレーナー」と「プロサッカー選手」という2つの視点で語ってくれた。

 横浜F・マリノスに01~03年まで所属した飯田さんは、同ユース時代には全日本クラブユース選手権優勝メンバーとなるなど、育成年代の頃から将来を嘱望された。03年に横浜FMの指揮官に就任した岡田武史氏からも足元の技術を高く買われたものの、そのシーズン限りでクラブを退団。その後は日本柔道整復専門学校、日本鍼灸理療専門学校で学び、2014年6月に「いいだ鍼灸整骨院」を開業した。

「自分自身がマリノスに所属していた頃、負傷や身体の不調を抱えていた時期があったので、トレーナーという職について興味が沸いていましたね」

 こう笑顔で話した飯田さん。自らが経験した二つの立場から見て、どのような人間が最高峰の世界で通用するのかを聞いてみた。まずは現在の仕事であるトレーナーとしての視点である。

1 2 3

飯田 紘孝

いいだ鍼灸整骨院 院長

柔道整復師・鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師

小学2年から横浜F・マリノス(当時の日産)の下部組織、日産プライマリーでプレー。横浜F・マリノスジュニアユース、ユースを経て、2001シーズンにトップチームへ昇格。
ユース時代には、U-16日本代表、全日本クラブユース選手権で全国制覇。惜しまれながらも2003シーズンをもって現役引退。
2004年より専門学校を経て、桜新町はりきゅう接骨院、大田区某整形外科リハビリテーション科の主任を務め、2014年6月に開業。
現在は、プロ選手時代の経験を生かし、整骨院に訪れる一人ひとりの身体と向き合い、若年層アスリートの成長を促している。

いいだ鍼灸整骨院
東京都大田区池上7-24-22
TEL:03-6715-5301
URL:http://iidashinkyu.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集