[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウンの“一歩”はなぜ伸びた? 圧勝の裏で「6cmの進化」を生んだ20歳の成長

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶりの優勝。史上初の“9秒台対決”で注目された前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)に0秒14差をつけ、圧勝した。一体、サニブラウンの勝因はどこにあったのか。アテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏に聞いた。

日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン(右)【写真:Getty Images】
日本選手権出場2大会連続Vを達成したサニブラウン(右)【写真:Getty Images】

桐生に圧勝の裏にストライドの進化…伊藤友広氏の目「お尻から大腿部にかけて大きく」

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶりの優勝。史上初の“9秒台対決”で注目された前日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)に0秒14差をつけ、圧勝した。一体、サニブラウンの勝因はどこにあったのか。アテネ五輪1600メートルリレー4位の伊藤友広氏に聞いた。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 終わってみれば、サニブラウンの強さが際立った。伊藤氏は「最終的にはサニブラウン選手が勝つだろうとみていましたが、準決勝を見ると小池選手の走りも良く、レース自体は混戦になると思いました。しかし、思った以上に差が開きました」と印象を語る。圧勝劇はなぜ生まれたのか。

「選手たち自身も『混戦になる』という心理的プレッシャーがあったと思います。レース後に勝ったサニブラウン選手を含め、完璧なレースができたというコメントを残している選手はいませんでした。そんな中でサニブラウン選手が圧勝したのはメンタルの強さはもちろん、日本記録を出した全米学生選手権より体のキレを感じましたし、状態の良さもあったと思います」

 サニブラウンにとって2年ぶりの優勝。昨季は怪我で欠場し、今季は強さを見せつけた。どこに進化を感じる部分があるのか。

「2年前に勝った当時も技術は向上していると感じましたし、今季は技術の安定に加え、体の進化を感じます。具体的にいうと、お尻から大腿部にかけて大きくなっている印象です。結果として、2年前よりストライドが6センチ伸びているというデータもあるようです」

 20歳の走りにインパクトをもたらした進化。では、スプリンターにとって、筋力はどんな意味があるのか。

「お尻から大腿部にかけての筋肉が強ければ、圧を加えて地面からもらえる反発力が大きくなり、ストライドにつながります。もう一つ、大腰筋という大腿骨から背骨にかけての筋肉の力が強いと流れた足を前に引っ張る際にスムーズになりやすい。ただし、大腰筋は見てわかる筋肉ではないので変化は外からわかりませんが、サニブラウン選手に関しては、身体が全体的に大きくなった印象を受けますが特にお尻から大腿部にかけての強化が見て取れます」

 この話だけを聞くと、同様にすべての選手が筋力を強化すればよいのではないかと思うが、難しいバランスが求められる。

1 2

伊藤 友広

国際陸上競技連盟公認指導者資格(キッズ・ユース対象)。

高校時代に国体少年男子A400mにて優勝。アジアジュニア選手権の日本代表に選出され、400m5位、4×400mリレーではアンカーを務め優勝。国体成年男子400mで優勝。アテネ五輪では4×400mに出場。第3走者として日本過去最高順位の4位入賞に貢献。元200メートル障害アジア最高記録保持者の秋本真吾氏とともにスプリント指導のプロ組織「0.01」を主宰し、全国の子供たちを対象としたかけっこ教室などを手掛けている。
http://001sprint.com/

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集