[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

サニブラウン、“ワニポーズ”で覗かせた母校愛 米も祝福「偉大なゲイター」

陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶりの優勝。世界選手権の代表に内定した。9秒台こそ出なかったが、圧巻のスピードでライバル桐生祥秀(日本生命)に完勝したサニブラウンは、レース後に謎のポーズを繰り出していたことが話題を呼んでいたが、その由来となっているフロリダ大の体育会も祝福している。

日本選手権男子100mで優勝したサニブラウン【写真:Getty Images】
日本選手権男子100mで優勝したサニブラウン【写真:Getty Images】

フロリダ大の体育会もツイッターで祝福「自身の持つ記録も破った」

 陸上の世界選手権(9月27日開幕・ドーハ)の代表選考を兼ねた日本選手権は28日、福岡・博多の森陸上競技場で男子100メートル決勝が行われ、日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(フロリダ大)が10秒02(向かい風0.3メートル)で2年ぶりの優勝。世界選手権の代表に内定した。9秒台こそ出なかったが、圧巻のスピードでライバル桐生祥秀(日本生命)に完勝したサニブラウンは、レース後に謎のポーズを繰り出していたことが話題を呼んでいたが、その由来となっているフロリダ大の体育会も祝福している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 独走でゴールに飛び来んだ。自身の持つ日本記録にこそ及ばなかったが、向かい風での10秒02は堂々たるタイムだ。

 そしてフィニッシュ後にサニブラウンは謎のポーズでセレブレーション。右腕を上、左腕を下にし、それぞれ前に突き出してニッコリ。レース後にはツイッター上で「あのポーズ何?」「なにポーズかな。よくわからないけどかわいい」などと話題になっていた。

 これはゲイターズの愛称で知られるフロリダ大の“ゲイターポーズ”だという。両腕でワニの大きな口を表現しているのだ。母校愛を覗かせたサニブラウンを、フロリダ大の体育会もツイッターで即座に祝福を寄せている。

 ゲイターポーズを作るサニブラウンの画像とともに、「サニブラウンが100メートルで2度目の優勝! 自身の持つ(日本)選手権の記録も破った」とツイート。コメント欄には現地ファンからの「素晴らしい」「偉大なゲイターとして記憶に残るだろうね!」「よくやった、ハキーム!」などと祝福が舞い込んでいた。

 フロリダ大にとっても誇るべき存在のサニブラウン。飛躍を遂げる20歳は、28日の200メートル予選、29日の同決勝で2度目の2冠を狙う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集