[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【独占】井上尚弥インタビューvol.2 BOX界の“変化”を歓迎「誰が強いかわかりやすくなった」

今や世界のボクシングファン、メディアからも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。ボクシング界を震撼させたモンスターに「THE ANSWER」では単独インタビューを行い、強さの秘密に迫った。4回に渡ってお届けする。第2弾ではWBSS開催によって、ボクシング界であいまいになりつつあった“最強”の定義の変化について語った。

“最強”の定義の変化について語った井上尚弥【写真:荒川祐史】
“最強”の定義の変化について語った井上尚弥【写真:荒川祐史】

モンスター独占インタビュー第2弾、ボクシング界を取り巻く“変化”を歓迎

 今や世界のボクシングファン、メディアからも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。

【第1回】井上尚弥インタビューvol.1 強さの秘密は達人級の集中力「人は3分間集中できない」
【第3回】井上尚弥インタビューvol.3 父の流儀が最強の礎「手を上げられたこと一度もない」
【第4回】井上尚弥インタビューvol.4 2019年に描く野望「3団体統一、その先の景色を見たい」

 2018年はその名をさらに高めた。5月にジェイミー・マクドネル(英国)を初回KOで下して3階級制覇を成し遂げ、バンタム級の3団体の王者が集結した10月開幕のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦ではまたしても圧巻の70秒KO勝ち。ボクシング界を震撼させたモンスターに「THE ANSWER」では単独インタビューを行い、強さの秘密に迫った。4回に渡ってお届けする。第2弾ではWBSS開催によって、ボクシング界であいまいになりつつあった“最強”の定義の変化について語った。

 ◇ ◇ ◇

──2018年は2試合、快勝の裏にいろいろなストーリーがあったことは分かりました。それにしてもボクシングキャリアにおいてターニングポイントになるような1年だったことは間違いないように思えます。

「そうですね。毎年(ターニングポイントに)なってる気がします。17年は17年で米国で試合をしましたし。毎年、毎年、濃い年になってます」

──それでも2018年は特別だったように思えます。2試合で182秒ですよ! 世界に与えたインパクトは強烈でした。

「確かに2017年と比べると注目度、盛り上がりはすごく感じましたね。ガラッと変わりました。海外からの注目も、日本人選手として初めて(米国で権威のある老舗ボクシング雑誌)リング誌の表紙にさせてもらったりとか。ボクシングって一般の人たちに分かりづらいじゃないですか。メジャー団体だけでも4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)あってチャンピオンがたくさんいる。それが今回、トーナメントというその階級でだれが一番かを決める分かりやすい形になって、一般の人にもスムーズに伝わったのかなというのがありますね」

──これまでは伝わるのが難しいと感じていたのですか?

「それはありますよね。例えばテニスならナンバーワンは1人じゃないですか。そういう競技に比べると分かりづらい。階級がいくつもあって、団体もメジャーなものだけで4つある。ボクシングファンであれば、どういう相手と戦ったのかとか、相手の実績や実力を判断してその試合の価値が分かると思うんですけどね」

──それがトーナメントで分かりやすくなった?

「そうですね。一部でトーナメント自体が(財政問題で)危ういという報道もあったようですが」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集