[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥インタビューvol.1 強さの秘密は達人級の集中力「人は3分間集中できない」

日本ボクシング界史上最高の選手かもしれない――。今や世界のボクシングファン、関係者からも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。

インタビュー第1弾では井上の達人並みの集中力に迫った【写真:荒川祐史】
インタビュー第1弾では井上の達人並みの集中力に迫った【写真:荒川祐史】

モンスター独占インタビュー第1弾、強さの秘密を自己分析

 日本ボクシング界史上最高の選手かもしれない――。今や世界のボクシングファン、関係者からも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。

【第2回】井上尚弥インタビューvol.2 BOX界の“変化”を歓迎「誰が強いかわかりやすくなった」
【第3回】井上尚弥インタビューvol.3 父の流儀が最強の礎「手を上げられたこと一度もない」
【第4回】井上尚弥インタビューvol.4 2019年に描く野望「3団体統一、その先の景色を見たい」

 2018年はその名をさらに高めた。5月にジェイミー・マクドネル(英国)を初回KOで下して3階級制覇を成し遂げ、バンタム級の3団体の王者が集結した10月開幕のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦ではまたしても圧巻の70秒KO勝ち。ボクシング界を震撼させたモンスターに「THE ANSWER」では単独インタビューを行い、強さの秘密に迫った。4回に渡ってお届けする。第1弾では井上の達人並みの集中力に迫った。

 ◇ ◇ ◇

──まずは昨年のリングを振り返りましょう。5月のマクドネル戦、10月のフアン・カルロス・パヤノ戦と、昨年は2試合でしたがともに会心の出来栄えでした。井上選手は試合後、あまりに早く試合が終わってしまい(2試合で182秒)、「課題が見つけられなかった」と言っていましたが、いいパフォーマンスができた要因は何だったと感じていますか。

「やっぱりモチベーションが一番なんじゃないかと思います。大きいですよね。バンタム級に進出してマクドネル戦、WBSSは大会もそうですけど、相手が元世界王者のパヤノというのもありましたし。練習にかける思いというか、毎回同じように追い込んでやってるんですけど、正直なところ違うものはありますよね。昨年2試合は最大限に追い込めて、試合に向けて集中して取り組めました」

──それにしても試合の中身がすごすぎます。隙がないというか、相手の動きがすべて読めているように言えました。相手が攻め気のときはスッとかわして、ちょっと緩んだときを逃さずに攻める。自分でそういうところを意識しているのですか?

「それは意識してますよ。相手の集中力が途切れた瞬間、目とか、呼吸とか、一瞬の間ですね。人は3分間も絶対に集中できませんから。自分も無理です」

──その瞬間を待っているということですか?

「待っているというか、見てますね。息を吐く瞬間というか、たぶん相手が反応できないだろうなというタイミングがあるんです。いま(打ちに)いってもカウンターは来ないだろなという間。自分の中でですけど、それはなんか雰囲気で。それが合っているか間違っているかはいってみないと分からないんですけど。

──右一発で倒したパヤノ戦もその雰囲気を感じたということですか?(※開始60秒で井上は内側から左を差し込むと、そのまま体をひねるように右ストレート。たった1度のワンツーでマットに沈めた)

「あの瞬間はそうでしたね。まず、左手でフェイントをかけていたんで、ここで相手の肩の動きとか、(相手の動き)全体をぼんやりですけど見ているんですね。それで、KOになる前にアッパーをカウンターで打ったらパヤノの勢いが落ちた感もありましたから、あそこは瞬間的にいける!という雰囲気でした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集