[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥インタビューvol.4 2019年に描く野望「3団体統一、その先の景色を見たい」

世界のボクシングファン、メディアからも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねてデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。伝統ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でもトップ5入りを果たすなど、世界的な評価を確固たるものとしている。

2019年は3団体統一とその先の景色を見据える【写真:荒川祐史】
2019年は3団体統一とその先の景色を見据える【写真:荒川祐史】

モンスター独占インタビュー第4弾、自身が描く将来像とは

 世界のボクシングファン、メディアからも熱い視線を浴びる、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)。衝撃的なKO勝利を重ねてデビューからの連勝を17(15KO)にまで伸ばし、“モンスター”の愛称はすっかり定着した。伝統ある米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンド(PFP)でもトップ5入りを果たすなど、世界的な評価を確固たるものとしている。

【第1回】井上尚弥インタビューvol.1 強さの秘密は達人級の集中力「人は3分間集中できない」
【第2回】井上尚弥インタビューvol.2 BOX界の“変化”を歓迎「誰が強いかわかりやすくなった」
【第3回】井上尚弥インタビューvol.3 父の流儀が最強の礎「手を上げられたこと一度もない」

 2018年は5月にジェイミー・マクドネル(英国)を初回KOで下して3階級制覇を成し遂げ、バンタム級の3団体の王者が集結した10月開幕のトーナメント、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)初戦ではまたしても圧巻の70秒KO勝ち。ボクシング界を震撼させたモンスターに「THE ANSWER」では単独インタビューを行い、強さの秘密に迫った。4回に渡ってお届けする。

 最終回は2019年の展望。3団体統一はもちろん、「その先の景色を見たい」と夢をはせた。また更なる成長のために練習環境を変える意思も明かしている。

 ◇ ◇ ◇

──さて、2019年はどんな1年になるでしょうか。

「まずはWBSS優勝ですよね。あと2試合(準決勝、決勝)は決まってますから。WBSSに優勝して、3団体統一して、その先にどんな景色が見えるのか、それが見たいです。優勝したことによって年末にどんなビッグマッチが生まれるのか。だから今年1年は想像できないです」

──ビッグマッチの要件は相手ですか、舞台ですか?

「相手ですね」

──だれかいいライバルが現れるでしょうか。

「だれかいるかな…。でも曲者はたくさんいますから」

──階級を上げていくという選択肢はありますか? たとえばフェザー級くらいまで。

「フェザー級はいけなくもないですけど、今の良さは出ないと思います。フェザー級だったら普通の選手、埋もれると思います。いまはバンタム級だからパワーとかスピードで光るものがあると思いますけど、フェザーにあげてパワーで通用するとは思えないですからね」

──環境を変えたいという思いはありますか?

「それはあります。今ここでやっていても刺激がないんですよ。今の環境が悪いというわけではないんですけど、成長が限られてしまう。だから、たぶんロドリゲスがキューバに行くのも、環境を変えて、自分にないものを取り入れるために行っていると思います」

──環境を変えるというと海外で練習するとか?

「そうです。次の試合が終わって決勝まで時間があるんだったら行きたいですね。本当はこれまでのどこかの段階でも行けばよかったと思っているんです。刺激には絶対なりますよ。言葉が通じない、環境が違うというだけで絶対に変わると思う。そう思うようになったのは、ここ1、2年くらいですね。行先は海外だったらどこでもいいです。日本と違う環境でやりたいというだけです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集