[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本代表はNZ代表に健闘か惨敗か― 元主将が徹底解説「アタックの面では収穫大」も

日本代表はNZ代表に健闘か惨敗か― 元主将が徹底解説「アタックの面では収穫大」も

ラグビー日本代表は3日、世界ランク1位のニュージーランド代表とのテストマッチで31-69で敗れた。世界最強軍団から5トライを奪った日本。オールブラックスとの5年ぶりの対戦で通算成績は6戦全敗となったが、見せ場は多く作った。計5トライ、31得点は過去最多。一方で主力ではない若手中心の相手との差はやはり明白だった。この試合で得た収穫、見えた課題とは――。「THE ANSWER」では2011年ワールドカップ(W杯)で主将を務め、代表キャップ68を誇る菊谷崇氏に解説してもらった。

世界ランク1位のニュージーランド代表とのテストマッチで31-69で敗れたラグビー日本代表【写真:Getty Images】
世界ランク1位のニュージーランド代表とのテストマッチで31-69で敗れたラグビー日本代表【写真:Getty Images】

11年W杯主将の菊谷崇氏がオールブラックス戦を解説

 ラグビー日本代表は3日、世界ランク1位のニュージーランド代表とのテストマッチで31-69で敗れた。世界最強軍団から5トライを奪った日本。オールブラックスとの5年ぶりの対戦で通算成績は6戦全敗となったが、見せ場は多く作った。計5トライ、31得点は過去最多。一方で主力ではない若手中心の相手との差はやはり明白だった。この試合で得た収穫、見えた課題とは――。「THE ANSWER」では2011年ワールドカップ(W杯)で主将を務め、代表キャップ68を誇る菊谷崇氏に解説してもらった。

 日本は前半に3トライ、後半に2トライで計5トライ。過去の対戦では計5試合で4トライしか奪えていなかった。それだけにまずはトライを奪えたという結果自体を評価した。

「5トライ取れたところは大きかった。まずは点数が取れたことを素直に評価したい。アタックの面での収穫は大きかった。これまでの試合では1試合で1トライ取れるか取れないか。今日は敵陣でボールを持った際にも、しっかりとプレーできたところは素晴らしい。相手がミスしたところではしっかりターンオーバーできていた。個人の選手に関しても、注目していた姫野(和樹・フランカー)も、互角以上にしっかりとアタックできるところもあった。キックオフからも攻めることができていた。世界一相手に、これだけトライを重ねられたことは素晴らしい」

 世界最強のオールブラックスから奪った5トライは胸を張れる結果だ。ただ、今回のオールブラックスのメンバーは主力がイングランド遠征のため、若手が中心。代表キャップ10以下の選手が多く、初キャップとなる選手もいた。いわば“1.5軍”ともいえる構成だった。しかし、個人のスキルでは圧倒され、ダブルスコアをつけられた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー