[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 日本が屈指のスクラム強国を完封できた3つの理由 W杯2大会主将のレジェンド解説

日本が屈指のスクラム強国を完封できた3つの理由 W杯2大会主将のレジェンド解説

ラグビー日本代表のテストマッチが23日、豊田スタジアムで行われ、ジョージア代表に28-0で勝利。6月のテストマッチ3連戦を2勝1敗で勝ち越し、来年行われる日本開催のW杯へ向けて上々の成果を残した。2003年、07年ワールドカップ(W杯)で主将を務め、代表キャップ48を誇る箕内拓郎さんはどう見たのか。

ジョージア代表に28-0で勝利したラグビー日本代表【写真:Getty Images】
ジョージア代表に28-0で勝利したラグビー日本代表【写真:Getty Images】

W杯2大会で主将を務めた箕内さんがジョージア戦を徹底解説

 ラグビー日本代表のテストマッチが23日、豊田スタジアムで行われ、ジョージア代表に28-0で勝利。6月のテストマッチ3連戦を2勝1敗で勝ち越し、来年行われる日本開催のW杯へ向けて上々の成果を残した。2003年、07年ワールドカップ(W杯)で主将を務め、代表キャップ48を誇る箕内拓郎さんはどう見たのか。

 世界有数のFW力を誇るジョージアを文字通り圧倒した日本代表。世界ランクでは日本の11位に対してジョージアは12位とさほど変わらず、過去の対戦成績は4勝1敗だが、ほとんどの試合が接戦。完封勝ちは史上初で、28点差も過去最大の点差だった。

 箕内さんがまず注目したのはセットプレーだ。相手の最大の長所だが、相手が得意とする土俵には乗らずに、ジョージアも持ち味を封じ込めたのだ。

「スクラムが試合を決めた要因にはなりませんでした。それほどジャパンのスクラムが健闘して相手のペースに持ち込ませなかったのが大きな要因となりました。セットプレーで日本が崩れなかった。そこからのエリアの取り方です。キックの使い方がうまくいきました。ジョージアは攻撃の起点がカウンターアタックばかりになっていました。キックカウンターに対しても、プレッシャーを与えて展開させなかった。試合運びからして日本が優位に立てていましたね」

「ゴール前のラインアウトでもジョージアはミスがあり、リズムに乗れなかった印象です。それもうまくプレッシャーをかけられていたから。雨もあったので、キックを多く使う展開になりましたが、それもジャパンのほうがうまく使えていました」

1 2 3

箕内 拓郎

 1975年12月11日、福岡県生まれ。八幡高から関東学院大を卒業後、オックスフォード大に留学。1999年にNEC入社。2002年に日本代表初キャップ獲得と同時に主将に就任。03年、07年W杯の主将を務める。10年にはトップリーグ下部のNTTドコモに移籍し、入れ替え戦で勝利しチームのトップリーグ昇格に貢献。14年に現役引退。17年から日野自動車レッドドルフィンズのFWコーチを務めながら、東京・調布市で元日本代表主将・菊谷崇氏、元日本代表・小野澤宏時氏とともに「ブリングアップラグビーアカデミー」を主催。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー