[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

37年ぶり快挙の馬場咲希、全米女子アマVに繋がった強靭メンタル「注目されると力出る」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破って優勝。122回目の歴史ある大会で、日本勢では1985年に服部道子が同じ高2で優勝を飾って以来の快挙を成し遂げた。身長175.3センチ、ドライバー平均飛距離は約270ヤード、小技も巧みな17歳。勝利の要因には、そんな体と技に加え、「緊張しない」「注目されると力が出る」と明かすメンタルの強さもあった。(文:THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】
馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】

全米女子アマ選手権で圧勝、17歳の強さとは

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝で21歳のモネ・チュン(カナダ)を11アンド9で破って優勝。122回目の歴史ある大会で、日本勢では1985年に服部道子が同じ高2で優勝を飾って以来の快挙を成し遂げた。身長175.3センチ、ドライバー平均飛距離は約270ヤード、小技も巧みな17歳。勝利の要因には、そんな体と技に加え、「緊張しない」「注目されると力が出る」と明かすメンタルの強さもあった。(文:THE ANSWER編集部・柳田 通斉)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 ◇ ◇ ◇

 伸び盛りの17歳が“女子アマ世界一”になった。筆者は、今年5月のブリヂストンレディスで初めてプレーを目にして度肝を抜かれ、6月に単独インタビューを行った。ゴルフを始めた経緯、成長の過程、目標などを聞いたが、何より、このコメントに驚かされた。

「試合で緊張することはあまりないです。ドライバーはちゃんと当たれば飛びます。特にプロの試合だと、ギャラリーの方々がいらっしゃるので、よく飛びます(笑)」

 そこで、父・哲也さんが補足説明した。「『おーっ』って言ってくれる人がいないとダメなんです。いないと(クラブを)振れなくて、中学生に負けたりしますから(笑)」。つまり、注目されるとテンションが上がり、力を発揮できるタイプということだ。

 インタビュー中、馬場は「楽しい」「楽しかった」と繰り返し言った。ゴルフを始めたのは5歳から。哲也さんが、東京・昭和の森ドライビングレンジで、後にプロになる菅沼菜々と父親が練習に取り組む光景を見たことがきっかけだった。哲也さんは「(菅原父子が)うらやましくなって、長女と次女の咲希を誘って練習場に行くようになりました」と明かした。長女は現在、ゴルフから離れているというが、馬場は「最初から楽しくて、どんどんゴルフが好きになりました」と振り返った。

 馬場にとって初めてのツアー出場は、今年3月のヤマハレディース葛城で、その時も「楽しかった」という。

「決勝ラウンドになると、ギャラリーの人が増えて、1番ティーにもたくさんいました。テレビで見ている光景と同じで、『楽しい~』と思えました」

 5月のブリヂストンレディスでは、憧れの宮里藍や横峯さくらと触れ合って笑顔になり、囲み取材を初めて受けた後も「楽しかったです」とニコリ。翌日の最終日も大勢のギャラリーが見守る中、6番パー4の第1打で約300ヤード以上飛ばし、残り60ヤード地点からの第2打は58度ウエッジでピンそばにつけた。そして、「プロの試合は、やっぱり楽しいです」と言った。

 もちろん、アマチュアの大会や無観客の全米女子オープン予選会でも結果を残してきたからこそ、今がある。だが、6月に全米女子オープンを経験してからは、「アメリカでゴルフができて楽しい」と言うようになった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集