[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、全米女子アマ圧勝Vに海外メディア絶賛「アンリアル」「支配的な1週間」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。海外メディアからも「アンリアル」「支配的だ」と絶賛の声が上がっている。

馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】
馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】

服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。海外メディアからも「アンリアル」「支配的だ」と絶賛の声が上がっている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 馬場は前半18ホールで7UPとするなど圧巻の強さを見せた。出だしの1番パー5で1UPとすると、勢いは止まらず5番パー4を終えた時点で4UPとした。6番で1つ落とすものの、7、8番、13、14番とポイントを重ね、今年のカナダ女子アマを制した21歳チュンを突き放した。

 後半に入り、2、3番とチュンに連続でポイントを取り返されるが、追いつかせない。4番パー5で冷静にバーディーを奪うと、5番パー4では第2打がグリーンをオーバーするも、第3打で見事なチップイン。7UPに戻し、右手でガッツポーズを作った。さらに6番から9番まで連続でポイントを奪うなど圧倒。9ホールを残し、優勝を決めると両手を突き上げて喜んだ。

 大舞台で圧勝した17歳に、ツイッター上の海外記者からも称賛が集まっている。米専門サイト「ゴルフウィーク.com」の女性記者ベス・アン・ニコラス氏は「17歳サキ・ババが優勝。大会史上3番目の大差勝ち」と速報。米ゴルフ専門局「ゴルフチャンネル」のブレントレー・ロミレ記者は「11アンド9。アンリアルだ」と大差に驚いていた。

 また米ゴルフ専門サイト「ゴルフ.com」のディラン・デティアー記者は「サキ・ババが全米女子アマチュア選手権で優勝! 支配的な1週間だった。チェンバースベイでの素晴らしいショー。残念な点は彼女が大差で勝ったので、文字通りバックナインが見られなかったことだ」と、早々と勝負が決まったことを表現していた。

 身長175.3センチ、ドライバー平均飛距離約270ヤードの馬場は、6月の全米女子オープンで日本人アマ8年ぶりの予選通過を果たし、49位に。7月は全米女子ジュニア選手権に出場。結果はマッチプレー2回戦敗退だったが、ストロークプレーの予選Rは首位通過でメダリストとなった。同月下旬の関東ジュニア選手権(女子15~17歳の部)でも優勝している。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集