[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希、ゴルフ全米女子アマV 9H残し圧勝、日本勢では服部道子以来37年ぶり

日本勢37年ぶり快挙だ。女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、2人目の優勝を掴んだ。

馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】
馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ【写真:Getty Images】

日本女子ゴルフ界に新星、カナダ女王を撃破「名前を残すことができて嬉しい」

 日本勢37年ぶり快挙だ。女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、2人目の優勝を掴んだ。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 馬場は前半18ホールで7UPとするなど圧巻の強さを見せた。出だしの1番パー5で1UPとすると、勢いは止まらず5番パー4を終えた時点で4UPとした。6番で1つ落とすものの、7、8番、13、14番とポイントを重ね、今年のカナダ女子アマを制した21歳チュンを突き放した。

 後半に入り、2、3番とチュンに連続でポイントを取り返されるが、追いつかせない。4番パー5で冷静にバーディーを奪うと、5番パー4では第2打がグリーンをオーバーするも、第3打で見事なチップイン。7UPに戻し、右手でガッツポーズを作った。さらに6番から9番まで連続でポイントを奪うなど圧倒。9ホールを残し、優勝を決めるとこぶしを握って喜んだ。

 馬場はトロフィーを抱えた優勝者インタビューで「ラウンド中は『勝つ、勝つ、勝つ』と考えていて、いつも通りの自分のプレーができるように、とにかく勝ちたいと思ってラウンドしていた」と明かした。「37年ぶりというのを聞いていて、服部道子さんの次に名前を残すことができたのは本当に嬉しい」と喜びも口にした。

 馬場は身長175.3センチで、ドライバー平均飛距離約270ヤード。6月の全米女子オープンで日本人アマ8年ぶりの予選通過を果たし、49位だった。7月は全米女子ジュニア選手権に出場。結果はマッチプレー2回戦敗退だったが、ストロークプレーの予選Rは首位通過でメダリストとなった。

 その後、一時帰国して同月下旬の関東ジュニア選手権(女子15~17歳の部)で優勝。今月4日には再渡米し、「全米アマは大学生も加わるので、よりレベルが高くなると思います。それでも優勝すれば、来年の全米女子オープンと全英女子オープンの出場資格を得られると聞いたので、そこを狙っていきたいと思います」と意気込んでいた。

 今大会は馬場ら日本人4人を含めた156人が出場。122回を数える全米女子アマで日本人が優勝したのは、85年の服部道子のみ。服部は88年にも準決勝に進出して4強、2016年には畑岡奈紗が8強入りしている。偉大な先輩に続き、馬場が新たな歴史を刻んだ。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集