[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

公務員の父、看護師の母へ 初V岩井千怜が誓った親孝行「大きい家を建て、旅行に…」

女子ゴルフの国内ツアー・NEC軽井沢72ゴルフトーナメントは14日、軽井沢72ゴルフ北C(6679ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た20歳の岩井千怜(ちさと・Honda)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算13アンダーでツアー初優勝を果たした。優勝会見では両親への親孝行を約束。双子プロとして活躍する姉・明愛(あきえ・Honda)とのエピソードも語った。

優勝トロフィーを手に家族とポーズを取る岩井千怜(中央)【写真:Getty Images】
優勝トロフィーを手に家族とポーズを取る岩井千怜(中央)【写真:Getty Images】

NEC軽井沢72ゴルフトーナメント最終日

 女子ゴルフの国内ツアー・NEC軽井沢72ゴルフトーナメントは14日、軽井沢72ゴルフ北C(6679ヤード、パー72)で最終日が行われ、首位タイで出た20歳の岩井千怜(ちさと・Honda)が5バーディー、2ボギーの69で回り、通算13アンダーでツアー初優勝を果たした。優勝会見では両親への親孝行を約束。双子プロとして活躍する姉・明愛(あきえ・Honda)とのエピソードも語った。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 強気が生んだ初優勝だった。前夜、就寝前は緊張よりも「ワクワクの方が大きかった」という中、3、4番で連続バーディーという滑り出し。7番パー4で今大会2つ目のボギーを叩き、スコアを伸ばしたい9番パー5では絶好の位置からの3打目をショートするミスでバーディーを奪えず。すっきりしない気持ちで後半に突入した。

 しかし、10番のバーディーで気持ちは一変。「ティーショットからセカンドまで全部振り切れてのバーディーだったので『よっしゃー、きたー!』って感じで。11番もバーディーで『これからが本番だ!』って思った」と流れを自分の手で引き寄せた。13番でもスコアを伸ばして同組のライバルたちを突き放すと、最終18番は姉・明愛、高校3年の弟・光太が見つめる中、2オン3パットでボギーとしながらも逃げ切った。

 優勝会見で出た岩井の最初の言葉は「自分でも勝てるんだな」だった。終盤のポイントとして挙げた16番パー5では「見ている人がワクワクするようなプレーをしたい」という言葉通り、2打リードがありながら果敢に2オン狙い。「ここで2オンしたらかっこいいだろうなと思っていたんですけど」とチャレンジが実らなかったことを笑ったが、「勝つには攻めるしかないので、ああいった場面でも攻めれば今後に繋がっていくと思う」と振り返った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集