[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希を支えたキャディーが仰天 全米アマVに繋がった強心臓「怖がらないんだ」

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。馬場を支えたキャディーは「まず第一にアメージングだ。第二に落ち着いていて冷静なんだ」と間近で見た17歳の凄さを語っている。

馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ【写真:Getty Images】
馬場咲希がマッチプレー決勝でチュンを破り、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ【写真:Getty Images】

服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。馬場を支えたキャディーは「まず第一にアメージングだ。第二に落ち着いていて冷静なんだ」と間近で見た17歳の凄さを語っている。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧勝で37年ぶりの快挙を掴んだ。馬場は前半18ホールで7UPと大きくリード。後半の2、3番で今年のカナダ女子アマを制した21歳チュンにポイントを取り返されるが、4番パー5で冷静にバーディーを奪うと、5番パー4では第2打がグリーンをオーバーするも、第3打で見事なチップイン。7UPに戻した。その後も勢いは止まらず、9番を終えた時点で11UP。9ホールを残して優勝を決め、ガッツポーズを作った。

 堂々のプレーを見せ続けた17歳。全米ゴルフ協会公式ツイッターは、馬場を支えたキャディーのボー・ブラッシャート氏のインタビュー映像を公開した。馬場の凄さを問われたブラッシャート氏は「まず第一にアメージングだ。第二に落ち着いていて冷静なんだ。数ホールプレーするだけで、コースを学ぶことができる」「練習ラウンドの時点で彼女のパットが素晴らしいことに気付いた」とその実力と強心臓ぶりを驚きを持って称えた。

 米国でのプレー経験も多くはない馬場が、異国の地で快挙を達成。「何が起きたのですか?」と問われたブラッシャート氏は「良い質問だね(笑) 言っている通り、彼女は偉大な選手なんです。落ち着いていて怖がっていないんだ。自信を持っている」と精神面の強さを表現していた。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集