[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Bリーグ三河が粋な計らい 敗退直後に“他会場中継”、対戦相手に尽くした演出の舞台裏

バスケットボールB1リーグのレギュラーシーズン最終戦となった5月8日、ウィングアリーナ刈谷で行われたシーホース三河と川崎ブレイブサンダースの第2戦が76-91でタイムアップした。両チームがお互いの健闘を称え、会場のファンへの挨拶を終えるのを見計らって、アリーナMCがアナウンスした。

最終節の試合直後、敵地のビジョンに映し出された優勝を争う千葉の中継映像を見る川崎の選手たち【写真:青木美帆】
最終節の試合直後、敵地のビジョンに映し出された優勝を争う千葉の中継映像を見る川崎の選手たち【写真:青木美帆】

SNS上でも話題になったB1最終節での三河の「他会場中継」

 バスケットボールB1リーグのレギュラーシーズン最終戦となった5月8日、ウィングアリーナ刈谷で行われたシーホース三河と川崎ブレイブサンダースの第2戦が76-91でタイムアップした。両チームがお互いの健闘を称え、会場のファンへの挨拶を終えるのを見計らって、アリーナMCがアナウンスした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「これよりアイシンスーパービジョン(センタービジョン)にて、川崎ブレイブサンダースの東地区の優勝がかかっている、千葉ジェッツ対サンロッカーズ渋谷の試合を中継でお届けします」

 会場には大きなどよめきが起こった。

 今季のB1の上位争いは、かつてないほどの大混戦となった。千葉と川崎の東地区優勝、そして三河、渋谷、秋田ノーザンハピネッツのワイルドカード争いはレギュラーシーズン最終節までもつれ、三河は川崎との2連戦で1つでも勝てばチャンピオンシップ(CS)出場、川崎は三河に2連勝し、千葉が渋谷に1つ以上負けたら東地区優勝という状況で対戦した。

 7日の第1戦で川崎に59-85と敗れた三河は、第2戦に敗れた時点でCS進出が消滅した。千葉×渋谷の中継は、三河側からすれば一切うまみのない試みだ。それを承知の上で、川崎とそのファンのためだけに催された“粋な計らい”はSNS上でも大きく注目され、川崎ファンからは感謝の言葉が多く寄せられていた。

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集