[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「愛ちゃん、最終日おらんな」 未勝利が続く鈴木愛、アマの声に発奮した首位発進

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)は6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダーで菊地絵理香、小祝さくら、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。昨年7月以来のツアー通算18勝目へ、アマチュアの声を発奮材料にしていることを明かした。

ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた鈴木愛【写真:Getty Images】
ほけんの窓口レディース、6アンダーで首位発進を決めた鈴木愛【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。2017、19年賞金女王の28歳・鈴木愛(セールスフォース)は6バーディー、ボギーなしの66で回り、6アンダーで菊地絵理香、小祝さくら、仲宗根澄香と並ぶ首位発進を決めた。昨年7月以来のツアー通算18勝目へ、アマチュアの声を発奮材料にしていることを明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 鈴木が絶好の走り出しだ。3番で9メートルのロングパットを沈めてバーディー。「ガツンと打って、カップのド真ん中から入った。私らしく入った」。4番でも8メートルのバーディーパット、8番でも6メートルのパーバットを決めた。17、18年に連覇した大会で今季3度目の首位発進。得意コースでは雨をものともしなかった。

「途中で結構雨が振っていたので、今日はどこまで回れるか心配はありましたけど、ショットも安定して、ティーショットはフルショットをせずにコントロールしてフェアウェーに置くことを意識しました。好きなコースなのでイメージよく回りました」

 19年は7勝で賞金女王に。しかし、20-21年は1勝で昨年7月から優勝が遠ざかる。「30勝を目標にやっていくためにスイング。1シーズンで何回か勝つのではなく、長年勝てるように」と永久シードを目指してスイングを改造した。左右のブレなど、無駄のない動きが理想の形。コーチにも逐一確認してもらい、「ほぼ出来上がっている」と完成間近だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集