[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

MLBで「5-6-1-9-6」の珍事 最後は三塁ベースで両軍渋滞、米ファン仰天「7人いる」

米大リーグでなんとも珍しい形で“1プレー2アウト”が発生した。守備も走塁もミスが出て生まれた珍事に対し、MLB公式サイトは「記録はまるで数独パズルのよう」、米ファンは「ぞっとするような走塁だな」「三塁に7人いる」「なんだこれは!」との声を上げている。

挟殺プレーでタッチアウトになるナショナルズのソト【写真:AP】
挟殺プレーでタッチアウトになるナショナルズのソト【写真:AP】

メッツ―ナショナルズ戦で珍事、1プレーで2アウトになった結末とは

 米大リーグでなんとも珍しい形で“1プレー2アウト”が発生した。守備も走塁もミスが出て生まれた珍事に対し、MLB公式サイトは「記録はまるで数独パズルのよう」、米ファンは「ぞっとするような走塁だな」「三塁に7人いる」「なんだこれは!」との声を上げている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 12日(日本時間13日)、メッツ―ナショナルズ戦の4回だった。0-3と3点を追うナショナルズは無死二塁の好機。3番ベルは痛烈なゴロを放ったが、三塁手の正面に。これが珍事の始まりだった。二塁走者ソトが飛び出し、挟殺プレーに発展。三塁手から遊撃手に渡り、三塁を狙ったソトはカバーに入った投手のウォーカーによりタッチアウト。ただ、これで終わらない。打者走者のベルはこの隙に二塁を狙っていた。

 ウォーカーは体勢を崩しながら二塁へ投げたが、送球が逸れてライト方向へ。これを見てベルは三塁を狙った。ただ、フォローした右翼手が素早くサードへ送球。カバーに入っていた遊撃手が悠々とタッチアウトにした。1プレーで2度、三塁で走者が憤死する展開に。先にアウトになったソト、カバーに入ったメッツの内野陣を含め、最後は三塁ベース付近に選手が“集合”。結果的に2死走者なしになった。

「5-6-1-9-6」とつなぎ、生まれたプレー。記録上は併殺ではなく、1プレー2アウトとなったが、MLB公式サイトは「最終的にナショナルズを困惑させたプレーのスコアは、まるで数独パズルのようだった」と報道。公式ツイッターでも「まあ、これも2アウト取る一つの手だよね」とユーモラスな言葉を添え、紹介した。

 米ファンからは「恥だ」「なんだこれは!」「教科書通りのダブルプレーだ」「ぞっとするような走塁だな」「酷い」とナショナルズの走塁に厳しい声。また、最後の三塁付近は両軍選手と三塁塁審で中継画面が埋まり、まだベース上で座り込んでいたソトについて「ベル走ってるのにソト仮眠とってる」「ソト何してるの?」とのツッコミや「三塁に7人いるから誰が何やってるのか最後見直したよ」との声も上がった。

 チャンスを不意にしたナショナルズはこの回無得点に終わり、1-4で敗れている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集