[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「血がダラダラ出た」 移動中に親指負傷した青木瀬令奈、痛みに耐えて2週連続V争い

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算2勝の青木瀬令奈(フリー)は6バーディー、1ボギーの67で回って5アンダー。ホールアウト時点で暫定首位と1打差の同3位とした。

青木瀬令奈【写真:Getty Images】
青木瀬令奈【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース初日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディースが13日、福岡CC和白C(6299ヤード、パー72)で開幕した。降雨によるコースコンディション不良のため約40分中断。ツアー通算2勝の青木瀬令奈(フリー)は6バーディー、1ボギーの67で回って5アンダー。ホールアウト時点で暫定首位と1打差の同3位とした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 青木が雨のラウンドで好スコアをマークした。前半で1つ伸ばすと、後半は4バーディー。「先週土曜は雨で凄く苦しい、悔しい想いをした。今日はやってみたかったことができたのでよかったです」。前週の国内メジャー・ワールドレディスサロンパス杯で優勝争い。最終的に2位に入ったが、雨中のプレーに関して反省を忘れなかった。

「どうしても雨の日はボールが滑りやすい印象。そこを自分の体で(ボールを)つかまえに行っていた。状態が突っ込んで左に行ってしまう。今日はあえてアッパーにして、逆のことをやってみました。それをテーマにしてやってよかったです」

 この日は酒井美紀、穴井詩と同組。「雨に強い印象の2人。何をやっているのか見ながら回った」と観察しながら戦った。気づいたのは「ギリギリまで傘を差している」という姿。構えるまでキャディーがサポートしていた。「そうだよな、と。ちょっとしたことですが、傘を外すタイミングだったり、フェースを拭いたり。晴れの時とリズムが変わらなかった」と吸収した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集