[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内に秘める覚悟 韓国で一時代築いた美女ゴルファーはなぜ日本を選んだのか

“イ・ボミの呪縛”からようやく解き放たれたと言っていいだろうか。試合中に笑顔絶やさず、いつもニコニコしていることから“スマイル・クイーン”の愛称を持つキム・ハヌルが、日本女子ツアーの最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制して、ツアー通算3勝目を飾った。

20161201_kim

ツアー3勝目のキム・ハヌルが語る好調の要因

“イ・ボミの呪縛”からようやく解き放たれたと言っていいだろうか。試合中に笑顔絶やさず、いつもニコニコしていることから“スマイル・クイーン”の愛称を持つキム・ハヌルが、日本女子ツアーの最終戦、LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制して、ツアー通算3勝目を飾った。

 キム・ハヌルはイ・ボミと同い年で、日本ツアーに参戦したのは2015年のこと。来日当初から端正なルックスやトレードマークのミニスカートのスタイルなどに注目が集まっていたが、2011、12年の韓国女子ツアーの賞金女王としての実力も話題になっていた。

「ハヌル」は日本語で「空」の意。ブルーが勝負カラーで、最終日のウェアの色もブルーが入ったものを着るこだわりようだ。

 実は韓国女子ツアーにおいて、ファンクラブが初めて作られたのがキム・ハヌルで、今や日本で知らない人はいないイ・ボミよりも韓国での認知度と人気は高かった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集