[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

渋野日向子と戦った高3佐藤心結 「最後の弟子にしよう」三觜喜一コーチとの9年物語

「大きな目標は海外メジャー大会で優勝」と宣言した佐藤【写真:中戸川知世】
「大きな目標は海外メジャー大会で優勝」と宣言した佐藤【写真:中戸川知世】

「イップスの心配なし」でプロデビュー戦から優勝狙い

 三觜コーチとは3度目のタッグになる試合に向け、佐藤は「勝つつもりでいきます」と目を輝かせ、「大きな目標は海外メジャー大会で優勝」と言った。それは、今の若手選手にはリアリティーのある目標で、渋野はプロテストに合格した約1年後の19年に全英オープンを制し、笹生優花は2年後の21年に全米オープンで優勝している。だが、佐藤は冷静に自身の現在地と課題を口にした。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

佐藤「私はまだまだですし、このオフは課題のグリーン周りのアプローチとパットを磨きたいです。パットは好きですが、得意とは言えないです」

プロになれば、賞金がかかる。一打の重みを感じる連続で、一つのミスをきっかけにイップスにかかるケースも少なくない。だが、三觜コーチは「心結にその心配はありません」と断言した。

三觜コーチ「イップスはメンタルではなく、技術的な問題です。クラブの動きたい動きに逆らった動きをするため、脳が拒絶反応を起こしているだけなんです。道具の使い方を正しく理解していればいいので、うちの教え子たちは1人もイップスになっていません。それと心結はパッティングも抜群にうまい。あとはラインをどれだけ正確に読めるか、経験を積んでいくだけです」

 可能性あふれる18歳。両親に大きな家を建てる夢も、遠くない将来に実現するかもしれない。

■佐藤心結(さとう・みゆ)2003年7月21日、神奈川・小田原市生まれ。祖父の影響で7歳からゴルフを始め、9歳で三觜喜一コーチに師事。小学生ではサッカー、野球にも取り組み、中学時代は陸上部に入り、砲丸投げで神奈川県西部大会優勝。高校は茨城の明秀学園に進み、今年の日本女子アマ3位、日本ジュニア4位などの好成績を上げている。161センチ。血液型B。

■三觜喜一(みつはし・よしかず)1974年12月29日、神奈川・藤沢市生まれ 東京ゴルフ専門学校卒。PGAティーチングプロA級を所持し、14年にはPGAティーチングアワードで、確立したジュニア指導法が評価されて功労賞を受賞。現在は佐藤の他、プロでは辻梨恵、下川めぐみ、藤田光里、高木優奈らも指導している。

(THE ANSWER編集部・柳田 通斉 / Michinari Yanagida)

1 2 3 4 5
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集