[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「死んでもいい」の覚悟で甦った元世界王者 伊藤雅雪が引退を翻した6か月間の出来事

ボクシングのライト級(61.2キロ以下)ノンタイトル10回戦が3日、東京・後楽園ホールで行われ、前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が元日本スーパーライト級王者・細川バレンタイン(角海老宝石)に8回1分17秒TKO勝ちした。前戦の敗北後に引退か悩んだ末、「背水の陣」で臨んだ再起戦。この日までの6か月、心を燃え上がらせるまでに様々な葛藤があった。戦績は30歳の伊藤が27勝(15KO)3敗1分け、40歳の細川が25勝(12KO)9敗3分け。

細川バレンタインと対峙する伊藤雅雪(右)【写真:浜田洋平】
細川バレンタインと対峙する伊藤雅雪(右)【写真:浜田洋平】

再起戦で8回TKO勝ち、引退を撤回した伊藤雅雪の葛藤とは

 ボクシングのライト級(61.2キロ以下)ノンタイトル10回戦が3日、東京・後楽園ホールで行われ、前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が元日本スーパーライト級王者・細川バレンタイン(角海老宝石)に8回1分17秒TKO勝ちした。前戦の敗北後に引退か悩んだ末、「背水の陣」で臨んだ再起戦。この日までの6か月、心を燃え上がらせるまでに様々な葛藤があった。戦績は30歳の伊藤が27勝(15KO)3敗1分け、40歳の細川が25勝(12KO)9敗3分け。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】日本の闘将が“遠藤の後継者”に指名 川崎22歳の芸術弾に闘莉王氏「簡単じゃない」

 感じたことのない安堵の想いが、雄叫びとなって表れた。勝利を決めた直後、伊藤はロープに両手をかけた。「しゃーっっ!!」。2020年はコロナ禍で簡単に試合ができず、ようやく迎えた12月のリングで三代大訓(ワタナベ)に僅差判定負け。半年ぶりの再起戦は、19年9月以来659日ぶりの勝利だった。

「素直にめちゃくちゃ安心しています。絶対に負けられない気持ちがあって安心した。去年つまんない試合をしたけど、それでもこんなに応援してくれた。とにかく勝ちたい気持ちがこんなに出るんだって思うくらい感情が出ましたね。凄く飢えていた。本当に勝ちたかったです」

 入場制限があったものの、チケットは2日で完売。774人の観衆に何度も拍手をさせる試合だった。序盤からタイミングのいい右がヒット。細川の顎を上げさせ、3回にはワンツーや右カウンターを決めた。完全にペースを掌握。「とにかく1ポイントでも勝ちたい。無難に行こうかな」。捨て身で拳を振ってくる難敵を警戒したが、5回終了以降、陣営から目を覚ますゲキが飛んだ。

「ここで倒すのと倒さないのとでは、これからが全然違うぞ。とにかく行け」

 ハッとさせられた。18年5月にWBO世界スーパーフェザー級王座を獲得。日本人37年ぶりに米国で王座戴冠の快挙を成し遂げたが、19年5月にジャメル・ヘリング(米国)に敗れて陥落。ライト級転向2戦目で三代に敗れた。ともに相手のペースにのまれ、中途半端な攻めで持ち味を出せず。世界ランクからも外れた。

「もう引退かな」。年が明けてしばらくはそう思っていたが、2か月ほど周囲と話して沸々とこみ上げる感情があった。

「あれが最後じゃかっこつかない。家族もいるし、納得がいかないからってダメージをためて将来に残るような形でズルズルやってくつもりはない。でも、怪我もないし、まだ動くし、何かが落ちたかというと自分でもよくわからない。周りにも『成長できる』と言ってもらえた。

 ボクシングが好き。まだボクシングをしたい。また練習したい。自分が頑張って、誇りを持ってやっていたボクシング人生を納得のいかないまま終わらせられない。もっと強くなりたいという気持ちが出た」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集