[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木愛、涙の1年8か月ぶり17勝目「もうゴルフをやめようと…」「長かったなぁ」

女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディス最終日が4日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た鈴木愛が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーでツアー通算17勝目を挙げた。大会第1、2日は悪天候で競技中止となり、36ホールに短縮。2017、19年賞金女王が約1年8か月ぶりとなる20-21年シーズン初優勝を手にした。

4日の最終日に1打差の2位から逆転優勝した鈴木愛【写真:Getty Images】
4日の最終日に1打差の2位から逆転優勝した鈴木愛【写真:Getty Images】

資生堂レディス

 女子ゴルフの国内ツアー・資生堂レディス最終日が4日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われ、1打差の2位で出た鈴木愛が1イーグル、3バーディー、1ボギーの68で回り、通算10アンダーでツアー通算17勝目を挙げた。大会第1、2日は悪天候で競技中止となり、36ホールに短縮。2017、19年賞金女王が約1年8か月ぶりとなる20-21年シーズン初優勝を手にした。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 鈴木は1打差2位で迎えた16番パー5、残り95ヤードからの第3打をそのまま入れるスーパーイーグル。胸に手を当てて自分でもビックリする一打で単独首位に立ち、そのまま逃げ切った。最終18番でパーパットを沈めるとガッツポーズ。一つ後ろの最終組を待って優勝が決まり、インタビューでは「長かったなぁって思います」と涙。声を震わせながらこう続けた。

「本当に味わったことのないくらい毎日苦しくて、もうゴルフをやめようかなって結構考えていた。今年もずっと苦しかったので、練習をやっても上手くいかないっていう思いが強かった。本当に長い道のりだと思いました」

 19年は7勝で賞金女王に輝いたが、コロナ禍で統合された20-21年シーズンは2度の2位に留まっていた。直近3試合は予選落ち、体調不良による棄権、予選落ち。「支えてくださる皆さんがいた。毎年、毎年、怪我だったり、メンタル的にもきつくて休んでいたので、スポンサーの方には申し訳ないと思っていた。ゴルフをやるのがつらかったけど、支えてくださってよかったです」と涙を拭った。

 16番のイーグルについては「ダフりました」と苦笑い。「ピンより奥に打ちたいという気持ちだったので、もうちょっと行ってほしかったけど、まさか入りました」と振り返った。今後に向けては「これに満足することなく、引退するまでに30勝したいと思う。もっともっと勝てるように努力したい」と力強くコメント。最後に「応援ありがとうございました」と頭を下げた。

 1打差の2位に西郷真央、勝みなみ、2打差4位に山下美夢有、ささきしょうこが続いた。全美貞、菊地絵理香、藤田さいき、青木瀬令奈ら9人が6アンダーの6位に入った。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集