[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

記者が知る「ゴローちゃん」の素顔 “早稲田の悪ガキ”が国民的ヒーローになるまで

12月9日、ヤマハ発動機ジュビロがFB五郎丸歩の来季限りでの引退を発表した。早大、ヤマハ発動機、そして何より日本代表での2015年ワールドカップ(W杯)での活躍で、一躍お茶の間のヒーローとなったラグビー界のアイコン。高校時代から、その姿をピッチ内外で見てきたベテラン記者が、五郎丸のトッププレーヤーへの成長の足跡と、その素顔を振り返る。

五郎丸歩【写真:Getty Image】
五郎丸歩【写真:Getty Image】

ピッチ内外で知る吉田宏記者が振り返る「五郎丸という男」

 12月9日、ヤマハ発動機ジュビロがFB五郎丸歩の来季限りでの引退を発表した。早大、ヤマハ発動機、そして何より日本代表での2015年ワールドカップ(W杯)での活躍で、一躍お茶の間のヒーローとなったラグビー界のアイコン。高校時代から、その姿をピッチ内外で見てきたベテラン記者が、五郎丸のトッププレーヤーへの成長の足跡と、その素顔を振り返る。

【特集】「音」が握る勝負の鍵 静寂から生まれる熱い攻防・ゴールボールの魅力とは / ゴールボール・小宮正江選手、欠端瑛子選手、浦田理恵選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 2008年からヤマハ発動機でプレーして12シーズン、そして入団前の早大での活躍、何より2015年W杯イングランド大会での活躍で、ラグビーに多くの人たちを惹き付けた。34歳。まだ引退は早いという思いもあるが、2015年からの様々な挑戦で、自分の引き際を考えての判断だろう。

 いつも呼ぶように、ゴローちゃんと書かせてもらうが、一言贈る言葉があるとしたら、有体だが「お疲れさま」だろう。最初に、「五郎丸」という不思議な名前の選手に出会ったのは、おそらくゴローちゃんが佐賀工高2年で出場した花園だった。

 当時すでに兄弟で「超高校級」という触れ込みだったのだが、その大会で観たゴローちゃんは、恵まれた長身には驚かされた一方で、プレーはまだまだひ弱い印象だった。

 ゴローちゃんの成長を大きく後押ししたのは、当時、早大を率いていた清宮克幸さんだろう。おそらくゴローくらいの選手なら、どの大学でも1年からチャンスを掴んでいただろうが、清宮監督の下でフィールディング、アタックでの力強さ、そして苦手なタックルも、厳しい注文をつけられたことでトップクラスで戦える戦力に成長したのは間違いない。

 もちろん、代表も含めてその最大の武器は、ロングキックだった。

 キャラクターをとしては、いわゆる“ツンデレ”。一方でまだ学生時代は、すぐに調子に乗ってしまうタイプだったように思う。

 ある日、上井草の早稲田グラウンドに行くと、随分とさっぱりした髪型のゴローちゃんを発見したのだが、どうやら“夜のクラブ活動”での大目玉だったと聞いた。個人的にはこういう学生らしい狼藉は嫌いじゃないので、微笑ましく感じた一方で、この程度なら、早大のレギュラーでちやほやされても、国際レベルでは難しいなと感じていた。

1 2 3

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19年と6大会連続で取材。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集