[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パッキャオがピクリとも動かない 甦る失神KOにWBCも注目「ボクシング史に残る瞬間」

ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)にKOで敗れた試合が米国で再び脚光を浴びている。8年前の12月8日、4度目の対戦でマルケスに初めて敗れたが、強烈なカウンターでパッキャオは前のめりに失神。未だ語り草となっているシーンを米メディアが動画で公開していたが、WBCも「このボクシング史に残る瞬間をどこで目撃していた?」と注目を寄せている。

フアン・マヌエル・マルケスとマニー・パッキャオ(左)【写真:Getty Images】
フアン・マヌエル・マルケスとマニー・パッキャオ(左)【写真:Getty Images】

8年前の名シーンにファンも興奮再び「マニーはあの夜死んだ」

 ボクシングの6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)が元世界4階級制覇王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)にKOで敗れた試合が米国で再び脚光を浴びている。8年前の12月8日、4度目の対戦でマルケスに初めて敗れたが、強烈なカウンターでパッキャオは前のめりに失神。未だ語り草となっているシーンを米メディアが動画で公開していたが、WBCも「このボクシング史に残る瞬間をどこで目撃していた?」と注目を寄せている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 何度見ても凄まじいKOシーンだ。8年前、ラスベガスでの4度目の対戦。結末は6回だった。左ストレートを打ちに踏み込んできたパッキャオに対し、強烈な右カウンターで迎え撃ったマルケス。ドンピシャのタイミングで顎を打ち抜くと、パッキャオは前のめりに倒れ、ピクリとも動かない。レフェリーが試合終了を告げ、マルケスは観客席へ雄たけびを上げた。

 2012年の「リングマガジン ファイト・オブ・ザ・イヤー」に選ばれるなど、高い評価を受けたこの一戦。しばらく起き上がれないパッキャオの姿も印象的な動画にWBCも再び脚光を浴びせ、公式インスタグラムで公開。文面で「ネット上でも大きな反響を呼んだパッキャオ対マルケスの第4戦。このボクシング史に残る瞬間をあなたはどこで目撃していた?」とファンに呼びかけている。

 実際にテレビ越しにファンが衝撃を受けているようなシーンも同時に掲載しているが、コメント欄には「最高のKO」「素晴らしいライバル性」「ダイナマイトがマニーの顔面で爆発した」「世紀の一戦だ」「昨日のことのようだ」「歴史に残る番狂わせ」「マニーはあの夜死んだ」「美しい、それだけ」「信じられなかった」などと8年前の名場面について盛り上がっている。

 あれから8年が経過したが、パッキャオは41歳にして今なおWBA世界ウェルター級スーパー王者に君臨している。WBO同級王者のテレンス・クロフォード(米国)からビッグマッチを希望されるなど、2021年はどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集